成長障害貧血クローン病下痢 腹痛 肛門 貧血 発熱 体重減少 血便

公開日: : 最終更新日:2014/11/23 消化器内科

クローン病について今日の健康。
東邦大学医療センター佐倉病院 鈴木教授
口から食道、胃、肛門、消化管のどこにでも炎症が起こる
発症年齢10代20代が発症が大きな特徴、原因は不明
日本人の食生活が欧米化が影響ではと考えられている。
完治を望むことは難しい。

子供の成長障害、見過ごされた例

主に起こるのが、小腸型33%、大腸型20%、小腸大腸型45%。
19歳女性、子供12歳のとき腹痛と下痢。
医療機関の大腸内視鏡では異常なし。
過敏性腸症候群と診断される。1年経過、13歳のとき学校の健康診断、
身長133cm、体重24kg、貧血の成長障害。
消化器科の専門医を受診。
消化器科の専門医、血液検査と小腸検査でクローン病と診断。

ストレス社会なので過敏性腸症候群とクローン病を間違うことが多い。
小腸型クローン病なので、12歳の時見過ごされた。
小腸 食事の消化吸収が阻害され、栄養が吸収できず栄養障害。

クローン病の主な症状

下痢、腹痛、肛門部病変、貧血、発熱、体重減少、血便。
クローン病、発病すると炎症が強く起こるときと緩和が繰り返されるが、特徴的なことは、段々進展すること。
狭窄(狭くなること)、ろう孔(他の臓器と炎症性変化でくっついてトンネル)、せん孔(破けて腹膜炎を起こしてしまう)
早く診断をつけて合併症が起こらないようにすることが大事。

クローン病の検査

便検査・感染症と鑑別
血液検査 全身の炎症反応、貧血、低栄養状態を確認。
画像診断・内視鏡・超音波・CT・MRIで確定診断に至る。
カプセル内視鏡やバルーン内視鏡など新しい検査がある。

小腸を診断するために保険適応のカプセル内視鏡

小腸は24時間で腸粘膜が入れ替わるので癌になりにくい。胃カメラが届かない場所。今年から保険適応になりました。2012年7月1日よりクローン病にも適応されています。

クローン病の経過

小腸の狭窄、成長障害、貧血を13歳で治療開始、
狭窄の手術、薬、食事、症状もなくなり現在も維持。
強力な薬があるので手術件数が減ってきた。

クローン病の主な薬

弱・5-アミノサリチル酸製剤
中・ステロイド(炎症を抑える)、免疫調節薬
強・抗TNF-α抗体製剤

長期なので副作用に注意しながら行う。
クローン病には食事が大事。動物性脂肪を控える。
経腸栄養剤も使う。
暴飲暴食をしない、規則正しい生活リズム、ストレスをためない。
クローン病は積極的治療で進行を遅らせる。

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑