大腸カルチノイド切除術後の赤変は?

公開日: : 最終更新日:2015/03/17 消化器内科

質問 赤変はカルチノイドの再発?

41歳の男性です。
13年前、大腸カメラで4ミリのカルチノイド腫瘍が見つかりました。
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)で切除し、年1回の大腸カメラ、胃カメラ、超音波検査で経過観察してきました。
6ヶ月前の大腸カメラで3ミリの別のカルチノイドが見つかり、ESDで2センチの範囲を切除しました。
他臓器への転移はありませんでした。

術後半年の健診で切除断端部近くに2ミリほどの赤変があったため生検を行い、結果はまだでていません。
カルチノイドが再発したのではないか、もしかしたら癌ではないか心配です。

回答 赤変は治りかけの肉芽?

カルチノイドが多発することはよくあります。
2回目の切除後に赤くなっている部分があることについてカルチノイドや癌ではなく、切除した後、傷口をふさごうとして盛り上がってくる肉芽の可能性があるように思います。
カルチノイドの再発リスクについては1センチ未満のカルチノイドであれば病理検査で静脈やリンパ管にカルチノイドの細胞が入り込んでいなければ、完治とみなしてよいと思います。
1センチ未満のものでも、リンパ節に転移していることがあるのですが、リンパ節にとどまっていれば、手術すればほとんどの方は完治しています。
仮に癌だとしても2ミリであれば治らないことはありませんし、小さいうちに転移するような悪い癌ではありませんのであまり心配しないほうがいいでしょう。

質問 造影CTは半年に1回?

主治医から「今後は半年に1回、造影CTを行いましょう」といわれたのですが、必要でしょうか?

回答 年に1回の内視鏡で十分

2回とったカルチノイドが特にわるいものでなければ、半年に1回造影CTまで取る必要はないように思います。
年に1回内視鏡検査を行っていけば十分だと思います。

平成27年3月10日産経新聞生活欄、がん電話相談より。
回答には、癌研有明病院の上野消化器外科下部消化管担当部長があたりました。
私の意見ですが、造影CTは結構体に負担がかかるらしいですね。
造影剤はアレルギーがある人も多いし、へたくそな病院だと、点滴が漏れたりすることもあるらしいです。

関連記事

no image

便秘の原因は洋式トイレ、ねじれ腸

便秘で悩む日本人の便が出ない便秘の原因は

記事を読む

食道の所に明らかにボタン電池の影

ボタン電池はたらいまわしの原因。どこの病院が取れるのか公表すべき

ボタン電池は、10円玉より一回り小さいサ

記事を読む

no image

胃もたれをリセットする方法、72時間で

暴飲暴食で胃の不調が慢性化すると、胃炎、

記事を読む

便座が原因でイボ痔になる理由

便座の穴が原因でイボ痔になる理由

痔の検査 肛門検査 下着を下げる

記事を読む

便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁の推定患者は500万人。どの診療か

記事を読む

no image

腸クイズ うんこの正しい姿勢は?

下痢になったときの対処方法で最もいいのは

記事を読む

no image

くるみが胃がん予防。油がDHAとEPAを作る

医学論文 ニューイングラントジャーナルオ

記事を読む

no image

食道がん術後早期胃がん発見の質問と回答

質問 75歳男性、5年前食道がんので胃

記事を読む

no image

食後に冷えるのは腸に血液が集中する為

長寿の秘訣は何か? 慶応義塾大学医学部

記事を読む

今回保険が適用された手術は「仙骨神経刺激療法」。

便失禁は出産を経験した50~60代女性に多い

出産や手術により肛門周辺の括約筋が損傷を

記事を読む

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

no image
死体を解剖した時に左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

死因を調べるため死体を解剖した時、左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

→もっと見る

PAGE TOP ↑