アメリカ大腸内視鏡検診で死亡率激減、日本は便検査のみ

公開日: : 最終更新日:2014/06/04 消化器内科

大腸がん内視鏡検診で死亡率激減。
アメリカで追跡調査、受診で6割以上低く。
大腸がん健診の内視鏡検診を受けた人は、受けなかった人よりも大腸がんの死亡率が大幅に減ることがアメリカハーバード大の西原玲子研究員らの分析でわかった。
アメリカニューイングランド医学誌に掲載された。

西原研究員らはアメリカの医療従事者約8万9千人を対象に、1988年から2008年までに2年後とに大腸内視鏡健診を受けたか質問。12年まで追跡調査した。
このうち1815人が大腸がんになり、474人が大腸がんで死亡した。

大腸内視鏡検診は癌を発見する確立があがる一方腸に穴が開く可能性も

大腸内視鏡検診を受けた人は受けなかった人に比べ、大腸がんで死亡する危険性が68%低かった。
直腸やS状結腸など大腸がんの約7割が発症する「遠位性」の大腸がんでは82%も少なかった。
検診では一定以上の大きさのポリープが見つかると同時に切除する為、
ポリープを切除した人はポリープを切除しなかった人に比べて、大腸がんの発症が43%少なかった。
但し、大腸がん内視鏡検査は数千人~1万人に1人の確率で腸に穴が開き、10万人に1人程度の確率で死亡する危険がある。

国立がん研究センターの齋藤博検診研究部長は、「技術が確かな大腸内視鏡の専門医による検査を個人的に受けることは大いに勧められる。
ただ、通常の検診として行なった場合、発生する不利益についての十分な情報はまだない。
検診可能な医療機関も限られている為、現時点で大腸がん検診に組込むのは時期尚早だ」と話している。

専門医ではない経験の浅い病院で行うのは失敗、医療ミスの可能性も

アメリカは恐らく食べ物の影響で大腸がんになりやすいのだろうが、研究材料が医療従事者だけっていうのが気になる。
なぜならばアメリカは医療崩壊した、医療がビジネス化された国なので、日本とは違い、情報操作されやすいと予測するから。
日本も同じく、医療にはドンドンお金をつぎ込むような産業に変えていこうというのが趣旨でしょうし。
アメリカは貧乏人は医療を受けられないのに対し、日本ではお金をつぎ込む矛先が国に向いています。
(アメリカの裁判なんて、お金をつぎ込んで優秀な弁護士+裁判員を見方にすれば大抵勝てるといいますから。)

関連記事

no image

下痢しないのに吐いたりが何回も続くのは注意

突然嘔吐する下痢がないような患者を疑うの

記事を読む

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染

病院のノロウイルス検査の金額、費用 すぐ結果わかる

ノロウイルスは、手指や食品などから経

記事を読む

no image

胃がん手術後と胃全摘後に消化酵素薬がいい

胃がん手術後、倦怠感や貧血など様々な後遺

記事を読む

no image

胃がん胃切除後の痩せ グレリン消化管ホルモン

胃を切除した人の後遺症対策、消化管ホルモ

記事を読む

今回保険が適用された手術は「仙骨神経刺激療法」。

便失禁は出産を経験した50~60代女性に多い

出産や手術により肛門周辺の括約筋が損傷を

記事を読む

no image

日本人に胃がんが多い理由は強いピロリ菌

胃がんが感染症でうつる病気な理由、日本人

記事を読む

no image

胃クイズ、消化がいい食材、胃痛、口臭の原因

次のうち最も消化がいい食材はどれ? A

記事を読む

no image

難治の進行胃がんは手術をしない方が副作用少ない生存期間が長い

抗がん剤単独治療は難治胃がんに有効。

記事を読む

no image

腸がねじれるのが便秘の原因。3日運動で改善!

腸の形が便秘と関係している。 腸がねじ

記事を読む

no image

TUFは胃を元気にする栄養素

江田クリニック、院長江田先生。 ピロリ

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑