アメリカ大腸内視鏡検診で死亡率激減、日本は便検査のみ

公開日: : 最終更新日:2014/06/04 消化器内科

大腸がん内視鏡検診で死亡率激減。
アメリカで追跡調査、受診で6割以上低く。
大腸がん健診の内視鏡検診を受けた人は、受けなかった人よりも大腸がんの死亡率が大幅に減ることがアメリカハーバード大の西原玲子研究員らの分析でわかった。
アメリカニューイングランド医学誌に掲載された。

西原研究員らはアメリカの医療従事者約8万9千人を対象に、1988年から2008年までに2年後とに大腸内視鏡健診を受けたか質問。12年まで追跡調査した。
このうち1815人が大腸がんになり、474人が大腸がんで死亡した。

大腸内視鏡検診は癌を発見する確立があがる一方腸に穴が開く可能性も

大腸内視鏡検診を受けた人は受けなかった人に比べ、大腸がんで死亡する危険性が68%低かった。
直腸やS状結腸など大腸がんの約7割が発症する「遠位性」の大腸がんでは82%も少なかった。
検診では一定以上の大きさのポリープが見つかると同時に切除する為、
ポリープを切除した人はポリープを切除しなかった人に比べて、大腸がんの発症が43%少なかった。
但し、大腸がん内視鏡検査は数千人~1万人に1人の確率で腸に穴が開き、10万人に1人程度の確率で死亡する危険がある。

国立がん研究センターの齋藤博検診研究部長は、「技術が確かな大腸内視鏡の専門医による検査を個人的に受けることは大いに勧められる。
ただ、通常の検診として行なった場合、発生する不利益についての十分な情報はまだない。
検診可能な医療機関も限られている為、現時点で大腸がん検診に組込むのは時期尚早だ」と話している。

専門医ではない経験の浅い病院で行うのは失敗、医療ミスの可能性も

アメリカは恐らく食べ物の影響で大腸がんになりやすいのだろうが、研究材料が医療従事者だけっていうのが気になる。
なぜならばアメリカは医療崩壊した、医療がビジネス化された国なので、日本とは違い、情報操作されやすいと予測するから。
日本も同じく、医療にはドンドンお金をつぎ込むような産業に変えていこうというのが趣旨でしょうし。
アメリカは貧乏人は医療を受けられないのに対し、日本ではお金をつぎ込む矛先が国に向いています。
(アメリカの裁判なんて、お金をつぎ込んで優秀な弁護士+裁判員を見方にすれば大抵勝てるといいますから。)

関連記事

no image

成長障害貧血クローン病下痢 腹痛 肛門 貧血 発熱 体重減少 血便

クローン病について今日の健康。 東邦大

記事を読む

no image

大腸カルチノイド切除術後の赤変は?

質問 赤変はカルチノイドの再発?

記事を読む

no image

にんにくDATSが胃がん予防

玉ねぎとあわせるとダブルの効果。 胃が

記事を読む

no image

便秘の原因は洋式トイレ、ねじれ腸

便秘で悩む日本人の便が出ない便秘の原因は

記事を読む

便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁の推定患者は500万人。どの診療か

記事を読む

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位

膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌

記事を読む

no image

胃クイズ、消化がいい食材、胃痛、口臭の原因

次のうち最も消化がいい食材はどれ? A

記事を読む

胆のうがんのCT画像

胆のうがん、胆管がんの勉強

胆のうと胆管の場所 今回の記事は勉

記事を読む

no image

膵臓がんになるリスク要因 膵液 膵のう胞 膵管の拡張

膵臓はもの言わぬ臓器。 全国平均で膵臓

記事を読む

胸焼け=逆流性食道炎

成長期の脂で逆流性食道炎、胸焼け予防法

成長期の脂っこいもので逆流性食道炎

記事を読む

no image
職業病、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑