FOBTという英語略語は便潜血検査のこと

公開日: : 消化器内科

FOBT(fecal occult blood test)という英語略語は便潜血反応検査のことです。
便の血液反応で大腸がんを調べるというものです。

便は赤い血の場合は鮮血と呼ばれ、原因のほとんどは「ぢ」切れ痔やいぼ痔などの肛門部分からの出血です。
大腸や胃の悪性腫瘍から出血していたら便は赤い血にならない。
黒い便になる。
ただ、少量の場合は見た目で判別できない。
そのために、FOBTという便潜血検査を行います。

便をすくって容器にしまうだけの簡単な検査で家でもできることから、市町村の大腸がん検診としても利用されています。
陽性だったら次はCF(大腸カメラ)などで肉眼で検査を行うことになります。
1回では出ないこともあるので、2回を2日に分けて行います。2回法と呼ばれています。

関連記事

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑