FOBTという英語略語は便潜血検査のこと

公開日: : 消化器内科

FOBT(fecal occult blood test)という英語略語は便潜血反応検査のことです。
便の血液反応で大腸がんを調べるというものです。

便は赤い血の場合は鮮血と呼ばれ、原因のほとんどは「ぢ」切れ痔やいぼ痔などの肛門部分からの出血です。
大腸や胃の悪性腫瘍から出血していたら便は赤い血にならない。
黒い便になる。
ただ、少量の場合は見た目で判別できない。
そのために、FOBTという便潜血検査を行います。

便をすくって容器にしまうだけの簡単な検査で家でもできることから、市町村の大腸がん検診としても利用されています。
陽性だったら次はCF(大腸カメラ)などで肉眼で検査を行うことになります。
1回では出ないこともあるので、2回を2日に分けて行います。2回法と呼ばれています。

関連記事

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

no image
死体を解剖した時に左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

死因を調べるため死体を解剖した時、左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

→もっと見る

PAGE TOP ↑