下痢しないのに吐いたりが何回も続くのは注意

公開日: : 消化器内科

突然嘔吐する下痢がないような患者を疑うのは血管の病気です。
心臓の血管が詰まる心筋梗塞や、肺で詰まる肺梗塞、脳の血管が破れるくも膜下出血などですが、
これは消化器ではなく循環器や脳外科の病気です。

下痢しないのに吐いたりするときは要注意

お腹が原因でない重症な病気を疑うポイントの一つは下痢がないこと。
この場合、患者が「下痢してます」といっても、1回ぐらいの下痢は下痢ではないかもしれず、複数回の下痢が続くなどがなければ危険な病気を疑い、慎重に調べます。

お腹の痛みの種類

お腹の痛みを表現する言葉に、上腹部痛、下腹部痛、心窩部痛、右側、左側、背部痛などの言葉があります。
それぞれの言葉ごとに、よくある病気というのがあります。

  • 上腹部では、胆嚢炎、心筋梗塞、急性肝炎、大動脈瘤破裂など。
  • 下腹部では、イレウスや食中毒、大腸炎、大腸癌など。
  • 心窩部では、胃アニサキス(川魚などの寄生虫)、急性膵炎、腸間膜動脈閉塞、大動脈瘤、心筋梗塞や虫垂炎など。
  • 右側、左側、背部痛では、尿路結石や心筋梗塞、肺炎、胸膜炎などがあります。

突然の激痛に注意

下痢以外のポイントは症状が突然始まったかどうかです。
突然とは、ある時点から急激に症状がはじまったということです。
たとえば「テレビを見ていてこの場面の瞬間で起きた」と、はっきり始まりを特定できるような状況です。
こうした症状が今までに経験したことがないようなもので、悪化傾向をたどるような場合、かなり危険なサインといえます。

突然の嘔吐で下痢がなく、今までのおなかの風邪とは違う重症な感じがあり、改善することなくだんだん悪くなる場合、これはおなかではないもっと重症な病気を疑う必要があります。
こんなときは急いで少し大き目の病院に行くことをお勧めします。

突然始まり、いまだかつて経験したことがないような症状がだんだん悪化する場合は、風邪ではない病気を考えましょう。
これはおなかの病気に限ったことではありません。
胸が痛い胸痛、頭が痛い頭痛なども同じです。

関連記事

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑