下痢しないのに吐いたりが何回も続くのは注意

公開日: : 消化器内科

突然嘔吐する下痢がないような患者を疑うのは血管の病気です。
心臓の血管が詰まる心筋梗塞や、肺で詰まる肺梗塞、脳の血管が破れるくも膜下出血などですが、
これは消化器ではなく循環器や脳外科の病気です。

下痢しないのに吐いたりするときは要注意

お腹が原因でない重症な病気を疑うポイントの一つは下痢がないこと。
この場合、患者が「下痢してます」といっても、1回ぐらいの下痢は下痢ではないかもしれず、複数回の下痢が続くなどがなければ危険な病気を疑い、慎重に調べます。

お腹の痛みの種類

お腹の痛みを表現する言葉に、上腹部痛、下腹部痛、心窩部痛、右側、左側、背部痛などの言葉があります。
それぞれの言葉ごとに、よくある病気というのがあります。

  • 上腹部では、胆嚢炎、心筋梗塞、急性肝炎、大動脈瘤破裂など。
  • 下腹部では、イレウスや食中毒、大腸炎、大腸癌など。
  • 心窩部では、胃アニサキス(川魚などの寄生虫)、急性膵炎、腸間膜動脈閉塞、大動脈瘤、心筋梗塞や虫垂炎など。
  • 右側、左側、背部痛では、尿路結石や心筋梗塞、肺炎、胸膜炎などがあります。

突然の激痛に注意

下痢以外のポイントは症状が突然始まったかどうかです。
突然とは、ある時点から急激に症状がはじまったということです。
たとえば「テレビを見ていてこの場面の瞬間で起きた」と、はっきり始まりを特定できるような状況です。
こうした症状が今までに経験したことがないようなもので、悪化傾向をたどるような場合、かなり危険なサインといえます。

突然の嘔吐で下痢がなく、今までのおなかの風邪とは違う重症な感じがあり、改善することなくだんだん悪くなる場合、これはおなかではないもっと重症な病気を疑う必要があります。
こんなときは急いで少し大き目の病院に行くことをお勧めします。

突然始まり、いまだかつて経験したことがないような症状がだんだん悪化する場合は、風邪ではない病気を考えましょう。
これはおなかの病気に限ったことではありません。
胸が痛い胸痛、頭が痛い頭痛なども同じです。

関連記事

no image

胃がん胃切除後の痩せ グレリン消化管ホルモン

胃を切除した人の後遺症対策、消化管ホルモ

記事を読む

no image

十二指腸からの逆流が胃もたれや胃が重いの原因

林修の5人のスーパードクターのテレビから

記事を読む

no image

胃もたれをリセットする方法、72時間で

暴飲暴食で胃の不調が慢性化すると、胃炎、

記事を読む

胃の痛みをとる呼吸法は自律神経を整える

胃の痛みをとる呼吸法は自律神経を整える

胃が悪くないのに胃痛が起こる理由です。

記事を読む

no image

便を移植する治療で潰瘍性大腸炎は下痢が止まる。臨床研究段階

最も簡単な移植!健康な便を大腸炎患者に移

記事を読む

no image

成長障害貧血クローン病下痢 腹痛 肛門 貧血 発熱 体重減少 血便

クローン病について今日の健康。 東邦大

記事を読む

胸焼け=逆流性食道炎

しつこい咳の原因は胃酸、逆流性食道炎

胃酸逆流 食道や気道刺激 東京都内の女

記事を読む

no image

胸焼けの胃をリセットする方法、胃酸過多

胃もたれと同じように起こる胸焼け。 効

記事を読む

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位

膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌

記事を読む

便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁、便漏れには専門外来がある、排便機能外来

便失禁の推定患者は500万人。どの診療か

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑