下痢しないのに吐いたりが何回も続くのは注意

公開日: : 消化器内科

突然嘔吐する下痢がないような患者を疑うのは血管の病気です。
心臓の血管が詰まる心筋梗塞や、肺で詰まる肺梗塞、脳の血管が破れるくも膜下出血などですが、
これは消化器ではなく循環器や脳外科の病気です。

下痢しないのに吐いたりするときは要注意

お腹が原因でない重症な病気を疑うポイントの一つは下痢がないこと。
この場合、患者が「下痢してます」といっても、1回ぐらいの下痢は下痢ではないかもしれず、複数回の下痢が続くなどがなければ危険な病気を疑い、慎重に調べます。

お腹の痛みの種類

お腹の痛みを表現する言葉に、上腹部痛、下腹部痛、心窩部痛、右側、左側、背部痛などの言葉があります。
それぞれの言葉ごとに、よくある病気というのがあります。

  • 上腹部では、胆嚢炎、心筋梗塞、急性肝炎、大動脈瘤破裂など。
  • 下腹部では、イレウスや食中毒、大腸炎、大腸癌など。
  • 心窩部では、胃アニサキス(川魚などの寄生虫)、急性膵炎、腸間膜動脈閉塞、大動脈瘤、心筋梗塞や虫垂炎など。
  • 右側、左側、背部痛では、尿路結石や心筋梗塞、肺炎、胸膜炎などがあります。

突然の激痛に注意

下痢以外のポイントは症状が突然始まったかどうかです。
突然とは、ある時点から急激に症状がはじまったということです。
たとえば「テレビを見ていてこの場面の瞬間で起きた」と、はっきり始まりを特定できるような状況です。
こうした症状が今までに経験したことがないようなもので、悪化傾向をたどるような場合、かなり危険なサインといえます。

突然の嘔吐で下痢がなく、今までのおなかの風邪とは違う重症な感じがあり、改善することなくだんだん悪くなる場合、これはおなかではないもっと重症な病気を疑う必要があります。
こんなときは急いで少し大き目の病院に行くことをお勧めします。

突然始まり、いまだかつて経験したことがないような症状がだんだん悪化する場合は、風邪ではない病気を考えましょう。
これはおなかの病気に限ったことではありません。
胸が痛い胸痛、頭が痛い頭痛なども同じです。

関連記事

no image

食道がんの早期発見 抗がん剤 放射線治療 光線力学療法

今日の健康-食道がん 早期では自覚症状

記事を読む

no image

膵臓がんになるリスク要因 膵液 膵のう胞 膵管の拡張

膵臓はもの言わぬ臓器。 全国平均で膵臓

記事を読む

no image

TUFは胃を元気にする栄養素

江田クリニック、院長江田先生。 ピロリ

記事を読む

no image

胃クイズ、消化がいい食材、胃痛、口臭の原因

次のうち最も消化がいい食材はどれ? A

記事を読む

no image

腸クイズ うんこの正しい姿勢は?

下痢になったときの対処方法で最もいいのは

記事を読む

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染

病院のノロウイルス検査の金額、費用 すぐ結果わかる

ノロウイルスは、手指や食品などから経

記事を読む

no image

胃もたれをリセットする方法、72時間で

暴飲暴食で胃の不調が慢性化すると、胃炎、

記事を読む

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎは、血液さらさら疲労回復などいろい

記事を読む

no image

FOBTという英語略語は便潜血検査のこと

FOBT(fecal occult bl

記事を読む

no image

胸焼けの胃をリセットする方法、胃酸過多

胃もたれと同じように起こる胸焼け。 効

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑