くるみが胃がん予防。油がDHAとEPAを作る

公開日: : 最終更新日:2015/08/04 消化器内科

医学論文 ニューイングラントジャーナルオブメディスンでは、
健康な男性18人、食材を4週間摂取、悪玉コレステロールの量が平均16%減る。
サーキュレーションに発表された論文では、高脂血症の患者20名に4週間食べてもらう。血管が若返り始めた。

くるみのαーリノレン酸がDHAとEPAを作る

女性に大人気のくるみ。焼き菓子やケーキ、くるみパン。
くるみの産地長野県ではくるみおはぎや、くるみ蕎麦が名物。
くるみに含まれる脂肪酸、油が血管を若く保つ効果。
くるみの実の種の部分がたべられる。中身は仁と呼ばれる。
70%が脂質でできている。


無添加 くるみ(生くるみ)1kg 送料無料♪自然食品クルミ/オメガ3脂肪酸/ナッツ/胡桃/無添加/リノ…

動脈硬化予防のDHA EPA

油は健康に悪いと思われがちだが、くるみに含まれるαーリノレン酸はEPAやDHAに変わって動脈硬化にいい。
αーリノレン酸は動物の体内に入ると、DHAとEPAを生成する。
DHAとEPAは血管を柔らかくする効果があるといわれ、動脈硬化などの治療薬にも使われる。青魚を食べなくてもDHAとEPAを取ることができる。

血管のダメージを防ぐ、ビタミンE等の抗酸化物質も豊富。
食べ続けることで、αーリノレン酸と抗酸化物質の働きが血管によりよい効果をもたらす。
驚きの血管若返り食材くるみ。

αーリノレン酸が多く含まれる素材

くるみ油はαーリノレン酸、動脈硬化に効果がある。
他の食材に比べて含有量が高い。
くるみ以外、ほうれんそうとゴマ。

くるみ1個分のαーリノレン酸を取るには、
ほうれん草、22.5株。
ごま、360グラム。

効率的に取るにはやっぱりくるみ!

効果はどれぐらいの期間で出る?

九州大学の研究では、1ヶ月で悪玉コレステロールが10%下げた。
くるみの量は、1日に7個!(42グラム)
毎日食べれば医学的に動脈硬化に予防効果がある。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑