にんにくDATSが胃がん予防

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 消化器内科

玉ねぎとあわせるとダブルの効果。
胃がんとにんにく1980年ぐらいから世界中でされている。
1989年の疫学論文では、1年で1.5キロ以上食べる人は食べない人より胃がん発生リスク50%減少。
2002年の疫学調査でも、にんにくを沢山食べる人は47%少ない。

DATS ダッツという有機化合物

にんにくから生成されるDATS(ダッツ)を含む有機化合物が抗がん作用を期待されている。
にんにくが作り出す成分の一つで、にんにくを刻むと、細胞内の別々の成分が反応し、にんにく独特のにおいと辛味成分の元となる有機化合物が生成される。
この中にDATSが存在している。


【あす楽】青森の最高ブランド★福地ホワイト★業界最最安値に挑戦中!!!青森県産にんにくにんに…

ダッツの胃がん予防メカニズム

DATSが細胞ががん細胞に変化する前に細胞を自殺させる。
癌変化する前の細胞を自ら死においやる。
活性酸素が粘膜細胞に傷つける、DATSが傷ついた細胞に信号を送り、がん細胞になる前に自殺させる。
胃がん予防効果は現在も研究中。
調理の仕方によって摂取できるDATSの摂取が変わってくる。

にんにくの賢い調理法

にんにくを細かく刻む。
より沢山の有機化合物が生成される。

脂溶性、油に溶けやすいので油と一緒に摂取する。
DATSには厄介な一面、時間がたつと空気中に分散する。
刻んだにんにくを油に混ぜてしまえばいい。

にんにくをどれぐらい食べれば胃がんを抑制できる?

50%減少した1年1.5キログラム。
1日あたり、約4グラム。
1日1片程度食べれば胃がんリスクを軽減できる。

関連記事

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑