「 消化器内科 」 一覧

消化管、胃、大腸、食道の治療や手術について記載します。

大腸カルチノイド切除術後の赤変は?

2015/03/13 | 消化器内科

質問 赤変はカルチノイドの再発? 41歳の男性です。 13年前、大腸カメラで4ミリのカルチノイド腫瘍が見つかりました。 ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)で切除し、年1回の大腸カメラ、胃カメラ

続きを見る

大腸がんは初期なら手術無しで治す、生存率が高い癌

2015/03/09 | 消化器内科

便潜血検査は痔やこすれて血などでも反応する。 陽性だからといって100%がんではない。 1回の便より2回取りましょう。 便を室温で放置すると出血があれど陰性になる可能性がある。 冷蔵庫に入れた

続きを見る

治らない胸焼けの原因、逆流性食道炎と間違う病気は?

2015/01/03 | 消化器内科

治らない胸焼けは逆流性食道炎ではなかった。 治らない胸焼けの正体とは? 例の症状:胸のつかえ 症状1 胸のつかえ お茶や水で飲み込めた。 症状2 胸焼け 食べたものが喉まで上がって

続きを見る

便座の穴が原因でイボ痔になる理由

2014/12/31 | 消化器内科

痔の検査 肛門検査 下着を下げる ゼリーをつける 指を中に入れる(指診) 肛門鏡で見る 直腸鏡で見る 空気を入れる 痔の種類 痔とは肛門付近に起きる病気の総称のこと 痔

続きを見る

大腸がんの手術がうまい熟練した医師

2014/12/09 | 消化器内科

大腸がんは大腸の内側の粘膜で発生する癌。 国立がん研究センターによると、2014年の新規患者数は男性が7万3200人、女性が5万5300人。 女性では乳がんに次いで2番目に多く死亡数はもっとも多い

続きを見る

便失禁は出産を経験した50~60代女性に多い

2014/10/14 | 消化器内科

出産や手術により肛門周辺の括約筋が損傷を受けるなどし、 自分で排便をコントロールできなくなる「便失禁」。 これまでは投薬による治療が主だったが、ペースメーカーを体内に埋め込み、 微弱な電気刺激を

続きを見る

イケ便、硬いかっこいい便を作る消化器

2014/10/04 | 消化器内科

イケ便とはイケメンのうんこのことではありません。 大腸が作る、硬くてかっこいい便のことです。 消化の旅は口から始まって肛門で終了する。 消化器とは? 消化と吸収をする器官です。 消化

続きを見る

どれくらい飲むと急性膵炎を発症するのか?予防法も

2014/09/22 | 消化器内科

急性すい炎の原因1位は 女性の第一位は胆石40.3%。 男性の第一位はアルコール46.2%。 女性、急性すい炎の原因は胆石 原因、エコーで検査したら胆石があった。 女性の急性

続きを見る

胃の辺りの痛みが急性膵炎か見分ける方法

2014/09/09 | 消化器内科

膵臓は2つの働き 消化酵素 アミラーゼを分泌 ホルモン インスリンなどを分泌 消化液はものすごく強力で食べた肉、脂を消化するぐらい。 液が漏れると自分の臓器を消化してしまう。 膵臓が

続きを見る

みぞおちと胃の痛み、下痢は急性膵炎だった

2014/09/08 | 消化器内科

死に至る胃の痛み、みぞおちの痛み? 単なる胃の痛みと勘違いして恐ろしい病気を放置。 数日で命の危険。 1997年14500人が現在63080人と4倍に増えているある病気。 胃が問題なくても

続きを見る

便を移植する治療で潰瘍性大腸炎は下痢が止まる。臨床研究段階

2014/09/03 | 消化器内科

最も簡単な移植!健康な便を大腸炎患者に移植。 潰瘍性大腸炎(UC)などの腸の重い病気の人に健康な人の便を移植する臨床研究が国内で始まっている。 腸内細菌のバランスの乱れが病気を引き起こすとみられて

続きを見る

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑