「 消化器内科 」 一覧

消化管、胃、大腸、食道の治療や手術について記載します。

胃もたれをリセットする方法、72時間で

2013/12/16 | 消化器内科

暴飲暴食で胃の不調が慢性化すると、胃炎、胃潰瘍になる。 胃炎胃潰瘍は間違えて治そうと修復しているうちに胃がんになる。  不調には2つある。胃もたれと胸焼け 胃もたれする胃をリセットする方

続きを見る

食道がん術後早期胃がん発見の質問と回答

2013/09/03 | 消化器内科

質問 75歳男性、5年前食道がんので胃を持ち上げる手術を受け、その後経過観察。 最近、1.5センチの早期胃がんを発見しました。 内視鏡で3センチ切除して検査をしたら3ミリの未分化がんが認められま

続きを見る

食道がんの早期発見 抗がん剤 放射線治療 光線力学療法

2013/08/09 | 消化器内科

今日の健康-食道がん 早期では自覚症状がないため、発見された時は進行していることが殆ど。 新しい検査方法で早期発見が可能になりました。 内視鏡治療には3つの種類があります。 ・抗がん剤 ・

続きを見る

川井戸水ピロリ菌が検査で簡単にわかる胃カメラして除菌

2013/08/05 | 消化器内科

胃不調の原因であるピロリ菌の除菌が保険適応になりました。 ピロリ菌は今まで胃潰瘍と十二指腸潰瘍の患者だけでしたが、慢性胃炎にも適応になりました。 自己負担5万円だったのが保険で8000円で可能に。

続きを見る

胃がん胃切除後の痩せ グレリン消化管ホルモン

2013/06/11 | 消化器内科

胃を切除した人の後遺症対策、消化管ホルモン「グレリン」が大きく欠乏し、 食欲減退や体重減少などの後遺症を起こしやすくなる。 消化酵素薬や栄養補助食品などをとり、運動を組み合わせて改善する。

続きを見る

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑