1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

公開日: : 消化器内科

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

5年生存率

大腸がん71.1%
胃癌64.6%
肝臓がん32.6%
肺がん31.9%
膵臓癌 7.7%
膵臓癌年間死亡者数31866人

尾道プロジェクト JA尾道総合病院 花田先生
地域ぐるみで膵臓癌早期発見
5年生存20%まで向上

膵臓とは?膵臓癌は膵液が流れるすい管に80%発生

膵臓とは?膵臓癌は膵液が流れるすい管に80%発生
膵臓は長さ15~20cmの臓器。
膵液分泌(消化液)インスリン分泌(血糖を調節する)
膵臓癌は膵液が流れるすい管に80%発生。
長期生存は手術が不可欠。
発見が遅れて手術できないケースが7割を超える。

胃や大腸の後ろ側 通常の超音波内視鏡で観察することができない。
自覚症状はあまりないが、腹痛、背中の痛み、黄疸、食欲低下・体重減少などがある。

尾道プロジェクトの流れ

かかりつけ医 危険因子チェック 腹部エコー
↓紹介状
中核病院 JA尾道総合病院 精密検査 細胞診

すい臓がんの危険因子

糖尿病、慢性膵炎、遺伝性膵炎、肥満、喫煙、大量飲酒、すい臓がんの家族歴

膵臓癌の患者の26%は糖尿病と報告。
糖尿病の急激な悪化、突然の発症は膵臓癌が特に疑われる
腹部エコーでは間接所見をみる

微小癌、すい管が拡張していたりすいのう胞を見る
微小癌、すい管が拡張していたりすいのう胞を見る。
膵臓癌が1センチ以下で治療できれば80%
さらに早期なら86%が長期生存できる
内視鏡 MRI CTを組み合わせるのが一般的。

超音波内視鏡EUSで1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
口から胃の中に内視鏡、膵臓に沿って超音波。1cm以下のがんや前がん病変も発見できる。
超音波内視鏡、膵臓を見た映像、すい管が狭くなっていたりがわかる
超音波内視鏡、膵臓を見た映像、すい管が狭くなっていたりがわかる。
細くなっている、途切れたりするのがはっきり写る。
形になっていないがんでも、すい管の周りに炎症、炎症がすいかんを締めてつけているなどがわかる。
画像に移っていないがん、すい管の中にいることが強く疑われる、この段階でがんと分かればステージ0。

膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

膵臓がん確定にはドレナージで膵液を採取して細胞診

膵臓がん確定にはドレナージで膵液を採取して細胞診
はっきり判断するにはドレナージチューブ 膵臓のすい管まで差し込んで膵液を採集する。
すい管にあるすい臓がんの画像・写真
がんがあれば膵液にがん細胞が混じっている。
速い診断が可能。

尾道プロジェクトの成果

8394人精密検査 432人にすい臓がん
ステージ0で18人
ステージ1で36人発見できた

かかりつけ医と中核病院の緻密な連携がよかった
かかりつけ医の診療データがリスクのある人の発見につながった

他にも沖縄、鹿児島、熊本、大阪、山梨県でも採用検討されている
膵臓癌診断ガイドラインにも採用されている

膵癌からの転移が手術できない理由は?

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑