食道がん術後早期胃がん発見の質問と回答

公開日: : 消化器内科

質問

75歳男性、5年前食道がんので胃を持ち上げる手術を受け、その後経過観察。
最近、1.5センチの早期胃がんを発見しました。
内視鏡で3センチ切除して検査をしたら3ミリの未分化がんが認められました。

未分化がんが混じっていたと言うことは、胃の切除術の対象になるそうです。
主治医からは、現時点ではすべて切り取っていますので、5~10%の再発率のために手術を行うのは
手術によるリスクの方が大きいと思われますといわれました。
年齢の事もあり、手術をするべきか迷っています。

回答

今回のような場合、どこの病院でも迷うと思います。
手術そのものはそんなに難しいものではないのです。
胃が胸壁の前にあると手術は比較的簡単に行えます。
問題は、今回何のために手術をするのかということです。

リンパ節への転移の可能性が5~10%あるなら、胃の周囲のリンパ節を取り、胃の周りの血管は残します。
持ち上げた胃の下の方だけ取って小腸と繋げるのですが、
下から血液を送っているので血管は切れないのです。
血管を残した手術はがんの手術としては不十分な手術になり、手術を行うメリットはそれほどないと思います。
75歳で再発の可能性は低いので経過を見るということでいいのではないでしょうか?

質問

経過観察以外に何か方法は無いのでしょうか?

回答

再発があるかどうかわからない状態ですので、
放射線も化学療法も必要ありません。
何もしないで経過をみるのがいいと思います。
問題は、定期的に検査していても再発してしまった場合、
手術ができないと言うリスクがありますが、そのリスクはけして高いとは思えません。

産経新聞25/9/3、がん研有明病院の峯真司、消化器外科副医長があたりました。

関連記事

no image

胃の辺りの痛みが急性膵炎か見分ける方法

膵臓は2つの働き 消化酵素 アミラ

記事を読む

no image

くるみが胃がん予防。油がDHAとEPAを作る

医学論文 ニューイングラントジャーナルオ

記事を読む

no image

GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチ

記事を読む

病名:食道アカラシア

治らない胸焼けの原因、逆流性食道炎と間違う病気は?

治らない胸焼けは逆流性食道炎ではなかった

記事を読む

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎは、血液さらさら疲労回復などいろい

記事を読む

小腸潰瘍が治るレバミピドの量は?

小腸潰瘍が治るレバミピドの量は?

小腸潰瘍が治るレバミピドの量は?

記事を読む

no image

アメリカ大腸内視鏡検診で死亡率激減、日本は便検査のみ

大腸がん内視鏡検診で死亡率激減。 アメ

記事を読む

no image

にんにくDATSが胃がん予防

玉ねぎとあわせるとダブルの効果。 胃が

記事を読む

no image

胃がん手術後と胃全摘後に消化酵素薬がいい

胃がん手術後、倦怠感や貧血など様々な後遺

記事を読む

no image

日本人に胃がんが多い理由は強いピロリ菌

胃がんが感染症でうつる病気な理由、日本人

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑