難治の進行胃がんは手術をしない方が副作用少ない生存期間が長い

公開日: : 最終更新日:2014/07/27 消化器内科

抗がん剤単独治療は難治胃がんに有効。
根治が難しい進行胃がんの患者に対しては、病巣を切除する手術を行うよりも、抗がん剤だけで治療する方が有効であるとする国際共同研究結果を、国立がん研究センターなど全国のがん治療施設の医師らで作る、「日本臨床腫瘍研究グループ」の胃がんグループが発表した。

日本胃がん学会の診療指針は、切除手術による根治が難しい進行胃がんについては、生存期間の延長を目指し、抗がん剤治療を第一に考えるべきだとの見解を示している。
ところが、切除手術で癌を減らせば生存期間を延ばす効果があるとの報告も複数あり、臨床現場では手術を併用するケースも少なくないという。

研究代表者で市立貝塚病院の院長の辻仲先生らは、2008年2月から日本、韓国、シンガポールの70医療機関と共同で、肝臓、腹膜、大動脈周囲リンパ節の3部位のうち1ヵ所だけに転移がある進行胃がん(ステージ4)の患者を対象に研究を開始。
13年4月末までに集めた20~75歳の患者164人のデータを解析した。

その結果、手術と抗がん剤を併用した患者は、低ナトリウム血症や食欲不振、吐き気などが抗がん剤単独

関連記事

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑