玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 消化器内科 ,

玉ねぎは、血液さらさら疲労回復などいろいろ言われるが、本当に医学的に効果があるのが、玉ねぎは胃がんの予防に効果がある。
日本人の死因第一が癌、その中でも男性死因1位、女性死因3位。

1996年オランダの食生活と癌発生率の関係という論文では、55~69歳の12万人の追跡効果。
玉ねぎを1日半分以上食べる人は、胃がん発生率が50%減少。
イランの611名を対象にした研究によると、玉ねぎを毎日食べる人は胃がん発生率は66%減少。
そのほかでもスペインやイタリアでも効果が認められている。
玉ねぎの何が胃がんを予防してくれるのか?
玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎのケルセチンが癌を予防する効果

ケルセチンはポリフェノールの一種で癌に対して抗酸化物質として働く。
ケルセチンは特殊な栄養素ではなく、トマト、ブロッコリー、オレンジ、りんご、ワインにも含まれている。
玉ねぎに最も多く含まれている。

ケルセチンが胃がんを抑制するメカニズム

そもそも胃がんとは、胃の粘膜の細胞が癌化してしまう病気。
最大の原因がピロリ菌。胃に住み着くと活性酸素が大量に発生し、胃の粘膜を攻撃し続ける。
やがて癌細胞に変化。(遺伝子書き換え攻撃)
ケルセチンは、増えすぎた活性酸素を中和し無害化させる効果がある。

兵庫医科大学病院、上部消化管科、三輪洋人先生。
胃がんのリスクは、その人が萎縮性胃炎があるかどうかによって決まる。

正常な胃は内壁がヒダに覆われている。
ピロリ菌が住み着いているとヒダを攻撃。飛騨は破壊され、胃粘膜が薄く剥がれた状態。これが萎縮性胃炎。


【送料無料】(北海道・沖縄・離島を除く)訳あり 新玉ねぎ タマネギ たまねぎ 淡路島たまねぎ…

胃がん予防が期待できる玉ねぎの賢い調理法

切った後水にさらさない。
ケルセチンは水溶性なので水にさらすと成分が失われやすい。
5分水にさらすと23%減少。

汁物にいれ、まるごと食べる。
解けた分も丸ごと、スープやシチューやカレー。
熱に強いので長時間煮込んでも失われにくい。
具体的な摂取量はわかっていません。
1日1玉ぐらいを目標にすればいい。

関連記事

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑