玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 消化器内科 ,

玉ねぎは、血液さらさら疲労回復などいろいろ言われるが、本当に医学的に効果があるのが、玉ねぎは胃がんの予防に効果がある。
日本人の死因第一が癌、その中でも男性死因1位、女性死因3位。

1996年オランダの食生活と癌発生率の関係という論文では、55~69歳の12万人の追跡効果。
玉ねぎを1日半分以上食べる人は、胃がん発生率が50%減少。
イランの611名を対象にした研究によると、玉ねぎを毎日食べる人は胃がん発生率は66%減少。
そのほかでもスペインやイタリアでも効果が認められている。
玉ねぎの何が胃がんを予防してくれるのか?
玉ねぎが胃がんを予防する効果はケルセチン

玉ねぎのケルセチンが癌を予防する効果

ケルセチンはポリフェノールの一種で癌に対して抗酸化物質として働く。
ケルセチンは特殊な栄養素ではなく、トマト、ブロッコリー、オレンジ、りんご、ワインにも含まれている。
玉ねぎに最も多く含まれている。

ケルセチンが胃がんを抑制するメカニズム

そもそも胃がんとは、胃の粘膜の細胞が癌化してしまう病気。
最大の原因がピロリ菌。胃に住み着くと活性酸素が大量に発生し、胃の粘膜を攻撃し続ける。
やがて癌細胞に変化。(遺伝子書き換え攻撃)
ケルセチンは、増えすぎた活性酸素を中和し無害化させる効果がある。

兵庫医科大学病院、上部消化管科、三輪洋人先生。
胃がんのリスクは、その人が萎縮性胃炎があるかどうかによって決まる。

正常な胃は内壁がヒダに覆われている。
ピロリ菌が住み着いているとヒダを攻撃。飛騨は破壊され、胃粘膜が薄く剥がれた状態。これが萎縮性胃炎。


【送料無料】(北海道・沖縄・離島を除く)訳あり 新玉ねぎ タマネギ たまねぎ 淡路島たまねぎ…

胃がん予防が期待できる玉ねぎの賢い調理法

切った後水にさらさない。
ケルセチンは水溶性なので水にさらすと成分が失われやすい。
5分水にさらすと23%減少。

汁物にいれ、まるごと食べる。
解けた分も丸ごと、スープやシチューやカレー。
熱に強いので長時間煮込んでも失われにくい。
具体的な摂取量はわかっていません。
1日1玉ぐらいを目標にすればいい。

関連記事

no image

くるみが胃がん予防。油がDHAとEPAを作る

医学論文 ニューイングラントジャーナルオ

記事を読む

no image

FOBTという英語略語は便潜血検査のこと

FOBT(fecal occult bl

記事を読む

no image

胃がん手術後と胃全摘後に消化酵素薬がいい

胃がん手術後、倦怠感や貧血など様々な後遺

記事を読む

no image

大腸がんは初期なら手術無しで治す、生存率が高い癌

便潜血検査は痔やこすれて血などでも反応す

記事を読む

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染

病院のノロウイルス検査の金額、費用 すぐ結果わかる

ノロウイルスは、手指や食品などから経

記事を読む

no image

胸焼けの胃をリセットする方法、胃酸過多

胃もたれと同じように起こる胸焼け。 効

記事を読む

今回保険が適用された手術は「仙骨神経刺激療法」。

便失禁は出産を経験した50~60代女性に多い

出産や手術により肛門周辺の括約筋が損傷を

記事を読む

no image

胃がん胃切除後の痩せ グレリン消化管ホルモン

胃を切除した人の後遺症対策、消化管ホルモ

記事を読む

小腸潰瘍が治るレバミピドの量は?

小腸潰瘍が治るレバミピドの量は?

小腸潰瘍が治るレバミピドの量は?

記事を読む

no image

食道がん術後早期胃がん発見の質問と回答

質問 75歳男性、5年前食道がんので胃

記事を読む

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

no image
死体を解剖した時に左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

死因を調べるため死体を解剖した時、左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

→もっと見る

PAGE TOP ↑