歯科や労災の保険会社請求用事故明細書の作り方

労災や歯科の保険会社に請求するための事故明細書の作り方です。
保険会社に医療費を請求するときは診断書と明細書を添えて毎月請求します。
労災の場合は、診断書明細書の開示依頼です。
本来は保険会社が労基にシンメ開示依頼をすることができるのですが、取り寄せに半年かかるため、手数料を払ってでも病院に作成依頼します。
ですから、労災の場合は診療費は労基に請求し、保険会社に請求できるのは診断書と明細書作成料のみです。

歯科や労災の事故明細書の作り方

歯科レセ
労災レセ
はそのまま出力する。

事故明細書を手書きで作成。
添付するという形にする。

歯科レセや労災レセは何も修正せず、
白紙の明細書に1点20円だとか、
交通事故診断書一通5400円だとか7560円
診療明細書1通5400円だとか7560円
をプラスして合計の金額を記載し、

上記金額
340円を労災に請求済み
5550円を富士火災に請求済みであることを証明いたします。
という感じで作成するのが一般的です。
特にこれと言って規定はありません。

添付用事故明細書

外来分
歯科や労災の事故明細書の作り方

入院分
入院、添付用事故明細書

書類一覧