事故 保険一括患者のシップ大量処方希望クレーム対応

事故で一括が入ると事故関連の医療費は無料になる。
(事故一括とは、病院の医療費をソニーソンポなどの任意加入保険会社が建て替え支払いすること)

そこで、シップなどを大量に出して欲しい、
それを断ると、なんでだとクレームをつける人がいる。

保険診療上シップは一処方70枚までというルールがあります。
もし「健康保険じゃないからいいじゃないか」は悪質です。

事故でシップを大量処方を希望する人はほとんど家の保存用です。
もとから腰が痛い、肩こりがある、無料だからいっぱい欲しいという考えです。
これはダメです。

だれが言っているとかじゃなく常識でやらないと保険会社から常識じゃない病院と思われるのは困ります。
患者の言うことに言いなりになると、今後もこの病院は強く言えば話を聞いてくれると勘違いされ、
クレーマーを増やす元です。。

例えば、ロキソニンテープ1部位1日1枚が使用法です。
腰に70枚で70日分だし。
首にも使うと、35日分になります。
で肩も痛くて使うとまた2箇所増えて14分になりますが、
医師が事故傷病名と認めるという病名に
腰椎捻挫、頚椎捻挫とあって、両肩打撲傷などの記載がなければ、
肩へのシップは認められないでしょう。
(軽傷の人の話です)

患者にやさしく言うならこうかな

事故は長期処方すると保険会社に事故保険を終了されます。
使用法を守って使用する分しか病院からお渡しできない。

そして最低でも2週間、一週間に1度は病院に来て経過を見てもらわないと
保険会社は病院に行かない=症状ないということで事故診療終わりとしてきます。

長期化させたいなら長期処方はやめたほうがいい。
毎月、診断書明細書を保険会社に送付しています。
保険会社もプロなので請求書見て終わり!ってなるかもしれない。

どうしても欲しいなら
7~14日に一回事故で受診し、医師に症状を相談してその都度シップ出してもらってください。

医科 保険会社 交通事故診断書

歯科 保険会社 交通事故診断書

歯科や労災の保険会社請求用事故明細書の作り方

自動車損害賠償責任保険後遺症診断書

書類一覧