労災”後遺症診断”10号様式と費用の請求方法

忘れがちな労災の後遺症診断の様式は10号です

労働者災害補償保険 診断書 障害(補償)給付請求用
これですが、10号と書かれていないので注意。

10号用紙書類原本

労災"後遺症診断"10号様式と費用の請求方法
診断書代は窓口負担です。
4000円です。
7号または16号の2の2で還付請求します。
このいわゆる還付請求用用紙の費用はかからないです。
(7号は業務災害、16号は通勤災害)

療養の給付たる療養の費用証明書7号用紙はこれです。

療養の給付たる療養の費用証明書7号用紙はこれです
労働基準監督署で原本を取り寄せてください。

※労災にはレセプトに混ぜて請求できる書類と患者負担で7号還付請求の書類があります

労災担当者ではないと忘れがちです。
下記は労災の本、労災診療費算定実務講座の第6編労災診療費の手続きに書いてあります。

労災のレセプトに混ぜれない診断書 患者負担あり

患者が支払い、7号用紙(書類代はかかりません)で労働基準監督署に患者が請求します。

・診断書 様式10号用紙(後遺症診断)4000円
・診断書 様式16号の7(後遺症診断)4000円
・様式11号4000円
・障害の状態に関する診断書年金通知様式7号 など 4000円
・診断書 介護(補償)給付請求書用4000円

労働者は一旦自費で費用を支払い、療養の給付たる療養の費用証明書7号用紙または16号2-2に領収書を添付の上、所轄労働基準監督署に請求を行います。

労災のレセプトに混ぜる診断書 患者負担なし

・休業補償(8号、16の6号) 2000円
・労災付添看護費用の額の証明書 様式1号 1000円
・診断書 年金通知様式 2号の1塵肺 3号脊髄損傷 4号塵肺脊髄損傷以外 4000円
・はりきゅう診断書 様式1号 3000円、評価表添付の場合 4000円
・マッサージ診断書 様式2号 3000円
・診断書介護(補償)給付請求用 4000円
など


公開日:
最終更新日:2019/04/18

PAGE TOP ↑