アフラック 通院証明書 癌 併存疾患とは

アフラック 通院証明書(癌に特化)
記載欄は入院がなく外来と手術の身で、放射線治療、化学療法(抗癌剤)、ホルモン療法、その他(モルヒネ、デュロテップMTパッチなど)がん疼痛治療の欄があります。

例えばアフラックの併存疾患とは?

保険会社診断書
例えばアフラックで
併存疾患という欄がある。
併存疾患とは別の病気が併存している状態のこと。

合併症はある病気が原因となって起こる別の病気のことで、
たとえば糖尿病の場合、動脈硬化や脳梗塞などが合併症になる

例えばがん保険の給付金の場合、
前立腺がんと糖尿病(どちらかを主とすればどちらかが併存疾患)
糖尿病インスリン導入目的などの入院では給付対象にならないというように

がんの手術目的の診断書兼入院証明書なら
依存疾患は何を書こうと支給されると思われる。

LIAJ025-A05-201212
LIAJ025-A05-201212

書類一覧