はり及びきゅう同意書

病院は、 療養費同意書交付料100点で算定する。
これがあれば整骨院や鍼灸院は保険診療をすることができる。
整形外科の医者は整骨院を利用すると治療が長引くので記載を嫌がることが多い。
病名は限られており、神経痛、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症など。
この同意書の最大の利点は、整骨院や鍼灸院が訪問で保険証を使えることにある。
利用者にとっては暇な家での生活、暇な施設での生活に少しの楽しみができて、非常にいいものであるし、整骨院にとってもそれが収入につながるのでいいものである。
だが、整形外科の専門医は好きではない、必要ないと思う人が多い。
はり及びきゅう同意書
初療の日から3月を経過してさらにこれらの施術を受ける必要がある場合において、同意書等を再度交付する場合にも別に算定できる。

骨折に対する拘縮後療施術を許可する施術同意書は療養費同意書交付料でいい理由

整形外科医は整骨院が嫌いです。
でも、保険診療で何もすることがないけど、
整骨院で何かすることがある場合、同意書が発行される場合があります。

整骨院が
骨折に対し、関節拘縮や筋拘縮など
上記傷病に対する拘縮後療施術を許可する
という簡単な同意書の料金について聞かれました。

これは療養費同意書交付料です。

療養同意書は主治医が診察に基づき同意する場合算定するものです。

はりきゅうの同意書

病名は6つのみ。神経痛 リウマチ 頚腕症候群 五十肩 腰痛症 頚椎捻挫後遺症
神経痛 リウマチ など同等の慢性痛み 認められることがある。
同時に失敗に対する治療を病院で受けていると×

あんま、マッサージ、指圧の同意書

対象となる症状は 筋麻痺 筋拘縮 関節拘縮など 医療上マッサージを必要とする場合
筋麻痺片麻痺(カタマヒ)の緩解措置や関節可動域拡大 症状の改善
(疲労回復などは×)
同時に失敗に対する治療を病院で受けていると×

病院でその拘縮に対する治療、リハビリなどを行わない場合、
そういう同意書の発行はありうる。

注意、保険診療で同一部位の治療、リハビリをしない場合である

骨折の治療後、病院で術後リハビリなどを受けない場合、
整骨院などでの筋拘縮、関節拘縮というのはあり得る。
(最近病院ではリハビリが査定されるケースがある、運動器リハビリするほどでもない等)

書類一覧