「 前立腺肥大症 英語略語 BPH 」 一覧

benign prostatic hyperplasiaの略です。
英語の略語でBPHと呼ばれます。
前立腺は膀胱のすぐ下にある男性特有の臓器で、精液に含まれる前立腺液を分泌している。
正常な前立腺の大きさは栗やクルミぐらい。
だが肥大化すると、卵やみかんの大きさになる。
加齢によるホルモンバランスの乱れが影響している場合があると言います。
前立腺肥大症は肥大化した前立腺が尿道を圧迫し、尿の通りを狭めて出にくくする病気です。

●BPHは進行する病気のためほおっておくと

排尿障害の悪化で膀胱が過敏になり我慢できずにもらしてしまう過活動膀胱になることもある。
さらに尿道が詰まって尿がでなくなる尿閉は手術が必要になるケースも有る。
よく夜中に救急車で運ばれてきて尿道カテーテルして帰っていく患者がいる。

前立腺肥大で膀胱の中に常に尿が溜まった状態が続くと、膀胱結石や尿路感染症などの合併症のリスクが高くなり、最悪の場合腎不全を起こすことがある。
糖尿病や高血圧、肥満がある人は前立腺肥大症BPHになりやすいので注意が必要。

●検査で分かるBPH

前立腺肥大が疑われる場合は、超音波で前立腺の形や大きさを調べたり、排尿の勢いや量、かかる時間を調べたりする。
また、PSA検査という血液検査では前立腺の上皮細胞から分泌されるたんぱく質を調べ、前立腺がんを調べることもできる。

●BPH薬の治療、無理ならば手術

症状が軽い場合は、薬を使う。
薬は前立腺を小さくする「5α還元酵素阻害薬」と前立腺と膀胱、尿道の緊張を緩めて症状を軽減する「α1遮断薬」の2種類が代表的。

薬で症状が治まらない場合は手術もする。
前立腺が比較的小さければ電気メスを尿道からいれ、肥大部分を削り取る「経尿道的前立腺切除術」が行われる。
肥大化が進んでいる場合は開腹手術が一般的だったが、細菌はレーザーで前立腺をみかんの皮をはがすようにくりぬき、膀胱に落とした後超音波で吸引する「前立腺核出術」と呼ばれる手術が普及している。
開腹手術に比べて患者への負担が軽い。

男前立腺がん健診転移の無い初期癌PSA値が高い前立腺肥大

前立腺がんをMRI撮影、前立腺の辺縁域に発生するのがわかる。 前立腺肥大はガン化の心配ないがPSA値が高いとガンとの鑑別が必要 前立腺の疾患は、がんの他に前立腺肥大がよく知られている。

続きを見る

前立腺肥大症レーザー手術尿道頻尿残尿感排尿障害陰茎の先端

泌尿器科で多い病気の一つに男性の前立腺が大きくなる病気、前立腺肥大症がある。 加齢で排尿障害が置き、昼から尿が出なくなって深夜にもでなくなって膀胱がパンパンになって 深夜救急病院で管を入れて道尿し

続きを見る

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑