「 慢性腎臓病 英語略語 CKD 」 一覧

人間の血液の老廃物を濾して尿を作り出す腎臓が機能しなくなる病気です。末期になると透析をするしかなくなります。

腎臓が悪いがわかる、下痢、のどの痛み、泡立ち、足のむくみ、血尿

腎臓病になる意外なきっかけは? 腎臓が悪いと意外なのどや下痢などの症状でわかることがあります。 血尿や尿のあわ立ちに、喉の痛みや足のむくみ、下痢などが合わさった場合、注意しなければなりません。

続きを見る

腎臓病リスク早見表ー健康診断結果の見方

クレアチニンを規定する因子で筋肉量。 運動する方は筋肉の量が多いので少し高く出ることがある。 クレアチニン1.1以上はひとつの目安なので病院でチェックするのもいい。 食事の塩分とたんぱく

続きを見る

腎臓の機能と働き、尿の色でわかる腎臓病のサイン

尿の色でわかる腎臓病のサイン。 尿の色には、赤や緑、黄色、茶色、白なんてのもあるらしい。 それぞれの色を駆け込みドクターで解説していました。 健康なら尿は淡い黄色、ほぼ透明です。 異常であれば

続きを見る

塩分と水がたまり体重が増えた腎臓病の悪化

腎臓は一度だめになると回復しない。 腎臓はわき腹と背中の中間に2つある。 尿の原料は180リットル 1% の1~2リットルが排出される。 悪化しても自覚症状がない。 むくみのサイン

続きを見る

CKD慢性腎臓病はたんぱく質制限で低栄養リスク

CKD慢性腎臓病の患者が一番不安に思うのは、腎機能の悪化で透析をしなければならなくなること。 透析導入を遅らせるには薬物治療だけでなく、食事の栄養管理が欠かせない。 日本腎臓学会の「CKD診療ガイ

続きを見る

腹膜透析6年で限界、腹膜炎、在宅透析へ。自分で針刺し

自宅で都合のいい時間に透析する。 埼玉県の会社員50代男性は、毎晩2~4時間自宅の一室にこもる。 普通は通院して受ける血液透析を在宅で行っているからだ。 自宅に置いてある透析装置を決められた手順

続きを見る

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑