「 てんかん発作の特徴、英語略語 EPI 」 一覧

英語でEpilepsyは、エピやエピレプシーと言われる。
Epiと英語の略語で略されることもある。

●主なてんかん発作の特徴

顔や手足の一部がしびれる、意識ははっきりしている
数分にわたりぼーっとする、意識が混濁したり失われたりすることがある
高齢者の場合は認知症と間違えやすい
全身を固くする
両手足をがくがくさせる

●子供のてんかん発作の特徴

大きく息を吹くとぼーっとする
首をすくめるしゃっくりのような動き
手足が一瞬びくっとする
夜間に嘔吐、意識混濁も

てんかんは脳の神経細胞に電気信号が過剰に送られ、急な動きの停止やけいれんを不定期に繰り返す病気。
かつては患者の性格に攻撃性や暴力傾向が強いという報告もあったが医学的証明はなく、WHOも性格との関連を否定している。

●てんかんの発作はいつ起こるか本人でもわからない

てんかんは治療で8割が発作を抑えられる。
てんかんの発作は原因や現れ方が様々なので自分が発作を自覚していないケースもあるそう。
交通事故を起こしても自分は居眠りをしていたと認識していた患者もいる。
高齢者の場合は意識が混濁した状態の行動が認知症の徘徊と間違われることもあり、周囲の観察や協力も重要。

熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出してひきつけ、けいれんを起こして救急車で運ばれたそうです。 白目をむいて泡を吹くそうですね。 子供が白目をむいて泡をふき、全身をがくがくさせている様子をみた親

続きを見る

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑