「 てんかん発作の特徴、英語略語 EPI 」 一覧

英語でEpilepsyは、エピやエピレプシーと言われる。
Epiと英語の略語で略されることもある。

●主なてんかん発作の特徴

顔や手足の一部がしびれる、意識ははっきりしている
数分にわたりぼーっとする、意識が混濁したり失われたりすることがある
高齢者の場合は認知症と間違えやすい
全身を固くする
両手足をがくがくさせる

●子供のてんかん発作の特徴

大きく息を吹くとぼーっとする
首をすくめるしゃっくりのような動き
手足が一瞬びくっとする
夜間に嘔吐、意識混濁も

てんかんは脳の神経細胞に電気信号が過剰に送られ、急な動きの停止やけいれんを不定期に繰り返す病気。
かつては患者の性格に攻撃性や暴力傾向が強いという報告もあったが医学的証明はなく、WHOも性格との関連を否定している。

●てんかんの発作はいつ起こるか本人でもわからない

てんかんは治療で8割が発作を抑えられる。
てんかんの発作は原因や現れ方が様々なので自分が発作を自覚していないケースもあるそう。
交通事故を起こしても自分は居眠りをしていたと認識していた患者もいる。
高齢者の場合は意識が混濁した状態の行動が認知症の徘徊と間違われることもあり、周囲の観察や協力も重要。

熱性けいれんで1回だけ救急車?チェックで重症を除外

子供の頃よく病院の時間外や深夜に熱を出してひきつけ、けいれんを起こして救急車で運ばれたそうです。 白目をむいて泡を吹くそうですね。 子供が白目をむいて泡をふき、全身をがくがくさせている様子をみた親

続きを見る

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑