「 癌の前兆、初期症状 」 一覧

発見されたときは手遅れが多い癌。テレビで放送されていた、前兆や初期症状など、ヒントになりそうな記事をピックアップしました。自分の症状、家族の症状に当てはまるかどうか是非読んでみていただければと思います。疑いを絞って病院で検査すれば、採血や画像検査で見逃しなく発見できます。早期治療が基本です。完治を望める癌もあります。

顔、まぶたの赤みで胃がん、肺がん、乳がん

木沢記念病院の皮膚科、北島先生。  目で見てわかる、危険な病気のサイン。 皮膚症状ランキング 3位 水ぶくれは類天疱瘡? 靴擦れや手足口病、とびひ、帯状疱疹がありますが、他に命に関わる

続きを見る

腕、二の腕にしびれと激痛で肺がん、脳梗塞

腕、二の腕にしびれと激痛で肺がん 東京脳神経センター作田先生 右腕にしびれやちりちりした痛みが徐々に広がる50歳男性。 右の二の腕、症状が軽く放置、一ヵ月後、激しい痛み。 病名は肺がんだっ

続きを見る

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑