「 受験シーズンの風邪の治し方 」 一覧

医者は病気の人としか会わない仕事。
名医がプライベートでやる風邪の治し方が、林修のテレビ番組でやってました。
こじらせて辛い思いをしないようにということです。
受験シーズンは風邪が大敵。
自分の実力を発揮しきれず後悔しないために、風邪の治し方を覚えときましょう。
なってしまったらしょうがないですからね!

風邪の時はおかゆをよく噛んで食べる

1回口のなかでよく噛んでよく消化してから飲み込むのがいい。 よく噛めないのがお粥では? 噛まなくてすむようにおかゆにしている。 ですけれどもあえて噛みましょう。 おかゆを噛んで食べる理由

続きを見る

風邪は温かいスポーツドリンクを飲む

温かいスポーツドリンクは体液と成分が似ているので吸収しやすい。 レンジで暖めて飲むのがいい。 ポイントは体温を上げること。 発熱で弱った体に栄養が行き届きます。 風邪は汗がいっぱい出ます。

続きを見る

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑