「 肩こりの原因 」 一覧

もんでも叩いても意味がないタイプ別肩こり。
病気や怪我などの自覚症状
女性 1位肩こり 2位腰痛
男性 1位腰痛 2位肩こり
肩こりチェック1
両手 両肘を合わせて真っ直ぐ上げる 顎の位置まで上がるか?
肩こりチェック2
小さく前へならえをして腕を外側に開く
肩こりチェック3
十秒間片足立ち

もんだり叩いたりしても肩こりは治らない

肩甲骨の傾きを肩こりチェックで見ていた。
肩甲骨とは肩の後ろにある三角形の骨で重い頭を支えて上半身のバランスをとっている。肩甲骨は首から背中までを覆う僧帽筋とくっついている。
頭を支えようとすると肩甲骨が傾き、僧帽筋が引っ張られて緊張することで支えている。
僧帽筋が引っ張られて緊張する時に起こるのが肩こり。
肩甲骨が長時間傾き続けると、その角度が癖になり、僧帽筋も緊張し続ける。
肩甲骨の形が治らない限りはいつかまた緊張してきます。

肩こりを根本的に治すには肩甲骨の傾きを直せばいい。
肩甲骨の傾きには3種類あることがわかった

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠不足も肩こりに関係し、僧帽筋は酸素が沢山必要。 睡眠時間が少ないと僧帽筋が酸素不足になり肩こりが酷くなる。 そのほかにも眼精疲労、視力低下で前傾姿勢になりや

続きを見る

肩こりハの字タイプ肩甲骨の下の部分が開く

五十肩、四十肩などの病気が原因。 五十肩とは、肩関節に炎症が起きて痛みを伴い、動きが悪くなる病気。 肩関節が痛いから肩甲骨が動こうとする。それで開いてしまう。 五十肩をただの肩こりだと勘違いする

続きを見る

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一番上にある重い頭を骨盤からの背骨で支えている。 腰がしっかりしていると頭は支えれるが、腰が不安定だと頭を支えられない。 その分肩甲骨が傾いてしまう。 重心

続きを見る

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて真っ直ぐ上げると顎の位置まで上がるか? ひじが顎まで上がらない人は肩甲骨が傾いているため可動域が狭い。 最も多いのが扉タイプ。 腕が前になるような頭を下げ

続きを見る

no image
職業病、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑