「 パーキンソン病 英語略語 PD 」 一覧

高齢化で増える患者数。
パーキンソン病の患者数は日本では人口10万人あたり100~150人いると推定されている。
50~60代に発症することが多く、高齢化に伴い患者数は増加傾向にある。
厚生労働省が3年に1回実施する患者調査によると、総患者数は平成8年に13万1000任だったが23年には14万1000人に増えた。

転びやすい、薬剤性はドーパミン遮断でプロラクチンが出過ぎるパーキンソン症候群

28歳パティシエ、ケーキ職人、仕込み、一週間前から転びやすい。 一度や二度ではない。 体が思うように動かない。 主訴 転びやすい 体温36.2度 血圧120/80 脈拍70回 呼

続きを見る

パーキンソン病の初期症状は体が重い、肩がこる、震え、歩行困難、北野病院

高齢者に多いパーキンソン病の特徴や治療について北野病院(大阪市北区)の斎木ひでもと神経内科副部長に聞いた内容。 読売新聞、病院の実力、大阪編64より。 パーキンソン病の初期症状 発症の1

続きを見る

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、 抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。 健康保険は適用されないので治療が自己負

続きを見る

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因不明の病気「本態性振戦」の治療に超音波収束装置を使う治験が行われている。 頭蓋骨を切開せず、外から超音波を脳の奥深くに集中照射して治療できる新しい治療法です。

続きを見る

腸の老化と便秘、腸から脳へ指令

あなたのお肌はきれいですか? 昔からよく「肌は内臓の鏡」といわれるように、腸の不調は、ニキビやシミなど肌トラブルとして表れる。 最近では神経や脳などにも影響することがわかってきた。 「臓器の時間

続きを見る

パーキンソン病、家族からの相談

患者を支える家族からの相談がよく寄せられる。 1.本人とどのように接したらいいですか? 治療でよくなることを理解 薬をきちんと使う 姿勢をよくする(自覚しない姿勢障害が起き易い) 褒

続きを見る

パーキンソン病の介護保険で受けられるサービス

要支援 日常生活に支援が必要 要支援 症状の改善が期待できる 要介護 なんらかの介護が必要 介護は通常は65歳以上ならば パーキンソン病は40歳から受けることができる 受けられるサー

続きを見る

パーキンソン病で特定疾患を取る条件とは

パーキンソン病は特定疾患の難病助成が受けられる。 特定疾患を取るには重症度と生活機能障害度の2つの条件があります。 パーキンソン病の進行(ヤール重症度) 1度 片側に症状 2度 両側に

続きを見る

パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

パーキンソン病、幻・錯覚の原因は… 脳の神経難病「パーキンソン病」の患者で、血液中のたんぱく質がわずかに増えると、幻覚や錯覚を引き起こすことがあると、 国立病院機構宇多野病院(京都市)の澤田秀幸臨

続きを見る

第二の認知症レビー型小体と幻視を消すコツと気付くポイント

第二の認知症、5人に1人がレビー小体型認知症。 レビー型認知症を発見した横浜市立大学の小阪憲司先生が発見者。 最大の特徴は幻視。 アルツハイマーと違う点 アルツハイマー型と間違う、

続きを見る

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑