酒を飲ませた言い訳、アルハラの定義

上下関係やサークルの役員の果たすべき伝統など、短時間で大量に飲まざるを得ない設定があり、飲み会が急性アルコール中毒をつくりだす。
中小企業の会社の飲み会や病院での飲み会だってそう。

死者が出たときの言い訳

本人自ら飲んだ、
強要していない、
同席した僕らも被害者などと言い訳する。

窒息や低体温症など急性アルコール中毒の死者が出た飲み会は、度数の高いアルコールだけをストレートで飲む、
酩酊したり、嘔吐するまで退席できないなど、過酷な状況が多い。
アルコールハラスメントは、一気飲みや嫌がる相手への飲酒強要、意図的な酔いつぶしなど5項目が挙げられる。
1つでも該当すればアルハラだが、学生飲酒に対する問題意識は大学ごとに差がある。

アルハラの定義

1.飲酒の強要

上下関係や部の伝統、集団によるはやしたて、罰ゲームなどを理由に心理的な圧力で飲まざるをえない状況に追い込む。

2.イッキ飲ませ

場を盛り上げるためにイッキ飲みやはやのみ競争をさせる。
一息で飲み干すようにしたり、何倍も立て続けに飲ませる。

3.意図的なよいつぶし

酔いつぶす目的で飲み会を開く。
泥酔用のつぶれ部屋や嘔吐用バケツを用意するケースもある。

4.飲めない人への配慮を欠くこと

体質や本人の意思を無視して飲酒を勧めたり、宴席に酒以外の飲み物を用意しない。
飲めないことをからかったり侮辱する。

5.酔った上での迷惑行為

酔って悪ふざけをしたり、暴言、暴力やセクハラを行うなど相手を不快にする行為をする。
(イッキ飲み防止連絡協議会より)

これで死ぬなんて馬鹿らしすぎるとは思いませんか?
死なせたほうは、こんなことで死なせて馬鹿らしすぎると思いませんか?
どちらにしろ、人生を棒に振ることになるのです。
若い人たちにとって、長いものに巻かれるというか、なんの疑問も持たずにしきたりや流れに応じるというのは、少し稚拙な考えだと思います。
これから少子高齢化社会でしっかりした考えを持って若者は大人になっていってほしいと思いますね。

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑