病院の初診と紹介状なし実費の料金

原則初診2700円自己負担3割で810円。

病気や怪我で健康保険が使える病院に初めて受診したときにかかる初診料。
原則2700円で、自己負担が3割なら810円。
患者が乳幼児だったり夜間や早朝の時間外受診だったりすれば、初診料に500~6950円加算される。

同じ病気や怪我で同じ病院に再度受診した場合、
初診料は不要になるが、受診の度にベッド200床未満の病院では再診料690円+外来加算520円(高血圧など特定疾患時)、200床以上では700円がかかる。
ベッド200床以上では検査で包括される点数(再診料に含まれる料金)があるが、
200床未満では、再診料に690円+外来加算520円がかかったり、検査が包括されないので、かえって小さい病院やクリニックの方が高くつく場合もある。
(だが大きい病院なら高額な医療機器の検査がある)

また、原則として紹介状が必要な大学病院などの大病院を紹介状なしで受診した場合は、
初診料に加えて病院が自由に設定できる追加料金の支払いを求められる場合がある。
それが、特定療養費です。

紹介状のない患者から追加料金を取ることで、軽傷の患者が大病院に集中することを防ぎ、
診療所などでみておらってから高度な治療が必要な患者を大きな病院に紹介するという、
病院の役割分担を進めるねらいがあるそうです。
医療費の請求は非常に細かく作られていて、小さい病院であれ病院が儲かるようになっていることがわかります。

2012年の厚生労働省の調査では、全国1204病院で特定療養費の平均は2085円でした。
最低105円、最高8400円。
この分は保険は使えず全額自己負担になります。

関連記事

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑