初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、
バファリン、バイアスピリンが投薬されず、
PPI製剤が56日処方されて
胃潰瘍で病名開始日をつけると、
2ヶ月後の長期処方でつける病名がなくなる。

PPI製剤の維持療法で認められるのは
バファリン、バイアスピリン投与時の胃潰瘍再発抑制と
難治性逆流性食道炎のみなので、

逆流性食道炎にしないとPPI製剤56日超えで病名の辻褄が合わなくなる

初めの投薬開始日の次点で逆流性食道炎にするなりして注意をお願いします。

例外として他医療機関でバファリン、バイアスピリンが処方されていたらコメントにそれを記載します。

病名をつけるのは医師ですが、
投薬開始日をレセに乗せるのは医事課なので、
上記のルールにそぐわず
投薬開始日を入力すると、
ベテランくんのエラーにひかっからなくなり、素通りしてしまう。

ベテランくんでの対策として、
PPI製剤維持療法量×56日で胃潰瘍(8週まで)または十二指腸潰瘍(6週まで)のエラーを作成する
例えば、ランソプラゾールOD15 1T×56。

関連記事

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

no image
障害者手帳を更新したいけど書いてくれる先生がいない

医療事務の仕事をしていて、障害者手帳を更新したい。 当院退院後3年間

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

→もっと見る

PAGE TOP ↑