秋のダイエットに使える体にいい野菜ベスト8

公開日: : 最終更新日:2014/10/02 健康と生活の知恵

秋に美味しい野菜!本当に体にいい野菜ベスト8をご紹介します。
誰もがやりたい食べる量を変えずにダイエット。
野菜それぞれの強みを理解してバランスよく食べれば、好きなものを好きなだけ食べて標準体形に戻ることも夢ではありません。

1位にんにく 栄養の塊

ニンニクはがんに効く野菜です。胃癌のリスクが半分に減る
(癌がにんにくで治るわけではないが)
傷ついた細胞が癌になりやすい状態を抑える。
少量でも効果があります。
生で食べると胃腸が弱いとあれなんで、弱火で加熱がいい。
弱火だと栄養成分も壊れにくい。
牛乳と一緒に加熱すると臭いが消える。

2位かぼちゃ ホルモンバランス調整

ホルモンのバランスを整える。
ビタミンEがナンバー1。カロリーが高い糖質が高い野菜の一つだが、植物繊維も多い。
野菜からの糖質を制限しすぎるとお菓子に走ってしまう。
だからおやつにかぼちゃがお勧め。

3位キャベツ 防酸化作用で老化防止

病気や老化防止、強力防酸化作用を持つ。
イソチオシアネートが活性酸素を抑える。
いい食べ方は、切って放置せずすぐ食べること、よく噛んで食べること。
グルコシノレートという成分がイソチオシアネートに変わる。
生のほうが効果的です。
米の代わりにキャベツを多くするのもオススメ。
キャベツのビタミンC含有量は外側のほうが多いです。
ビタミンUを豊富に含み、胃酸を押さえます

4位ケール 骨を助ける野菜

牛乳の2倍のカルシウム。
βカロテンはブロッコリーの4倍。
品種改良で苦味の少ないケールで食べやすいです。

5位ブロッコリー ストレスと闘う力

パントテン酸はストレスと闘う力です。
ストレスがかかると副腎からコルチゾールが出る。
それの生成を助ける。
ストレスで消耗されやすいビタミンCも補給できる。
蒸すのがおすすめ。茹でるとパントテン酸が3分の1まで減る。
塩で蒸すと甘みがアップします。

6位しょうが 抗炎症作用

ジンゲロール 抗炎症作用がある。
体の中で炎症が起こると病気が発症しやすい。
悪い最近に体が反応し、肌荒れや病気が起こる。
しょうがは体を温める効果。
生のしょうがは殺菌作用が期待できる。
カレーにも入れて、隠し味として使うといいです。

7位たまねぎ 腸をきれいにする

腸内細菌のコントロール術、ダイエットにも。
オリゴ糖がトップクラス。よい菌(善玉菌)のえさになる。
オリゴ糖は?ビフィズス菌など菌のエサになる。
悪い菌、大腸菌などのエサは脂です。

日によって変わりやすい腸内環境。1日で腸内をきれいにするのが可能。
よい菌が増えると、かぜを引きにくくなるとか。
悪い菌が増えると病気になりやすい、おならがくさくなる。
ストレスが多いか、抗生物質を飲むと、いい菌が死に安い。
腸内環境は肥満に関係している。
さらにたまねぎには胃がんを予防する効果があります。

玉ねぎの栄養を効率取る方法は切って放置する。
玉ねぎは水にさらすと栄養が外に出る。
加熱しても壊れやすい成分、切って15分~30分放置したほうが、栄養素が壊れにくい。
野菜切る時は玉ねぎから。
玉ねぎに含まれる硫化化合物は加熱に弱い。空気に触れると加熱に強くなる。

8位にんじん お肌の守護神

βカロテンは肌に潤いを与える。
体内で必要な分だけ変換される。ビタミンAは細胞が分裂するのを助ける。
ベータカロテンは過剰症がないのでいっぱい食べても問題ない。
人参の栄養を効率よく取る方法は煮る。
筑前煮が生よりおすすめです。

秋の季節の野菜は体を元気にする。
気温の変化、紫外線のダメージ、日焼け後の疲れは秋にやってきます。
肌はなぜ黒くなるのかというと、紫外線に対する自衛本能です。
紫外線は白いものに届く。色を変えることで防ぐのです。

癌の予防効果のある食品を知りたい方はこちらよりどうぞ。

関連記事

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

冷えは、血流が滞り、胃腸障害で内臓が冷え

記事を読む

no image

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高

記事を読む

no image

体臭で病名がわかる-腐った肉,たまねぎ,たくあん,生魚,下水

自覚症状が出にくい病気は臭いで気づくこと

記事を読む

no image

よく噛むと癌の予防!唾液が効く

卑弥呼の歯がいーぜという歯の標語がある。

記事を読む

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

基底細胞がんは紫外線により起こる皮膚がん

記事を読む

no image

健康にまつわる都市伝説、駆け込みドクター

嘘、ホント? 健康にまつわる都市伝説を

記事を読む

no image

閉経後に女性の若さを保つにはエクオール?

日本は男女ともに平均寿命が80歳以上の世

記事を読む

耳を人差し指と中指で挟み、顎にそってこするように4回刺激

口の渇きが治る!昆布は唾液が多く長時間出る。20分も。

口の渇きに昆布茶がいい。 声が出せなか

記事を読む

no image

冷えのぼせチェックと典型的な症状

冷えのぼせは秋に増加する冷え性のひとつで

記事を読む

no image

食べ順ダイエットは好き嫌いをなくす。先に食べる理由になる

野菜→たんぱく質→炭水化物の食べ方が定着

記事を読む

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

no image
手術後に再発した場合救済放射線治療の可能性は?

51才の男性です。 PSA4.4、前立腺生検12本中2本(左側のみ)

→もっと見る

PAGE TOP ↑