ベタベタ汗で熱中症になる理由は湿度

公開日: : 最終更新日:2015/07/15 健康と生活の知恵

汗をかくだけでは涼しくならない。
汗は体温を下げる重要な役割を果たしている。
熱中症対策で大切なのは喉の渇きを感じる前に水分補給すること。
これは冷たい水が体に入り、体内にこもった熱を吸収するから。
参考:水は小腸から吸収される、冷たすぎると動きが鈍る

汗は蒸発する時に体温が下がる

さらに飲んだ水が汗になり、乾く時にも体の表面温度を下げる。
汗が蒸発する時、接している肌の熱(気化熱)を奪う為だ。
一般に100ミリリットルの汗で体重60キロの人の体温を1度下げることができる。

落ちる汗や拭く汗は体温を下げない

汗は、ただかくだけではダメで、汗が皮膚の上で蒸発する時、初めて体温が下がる。
打ち水と同じ原理です。
ぽたぽたと落ちた汗や、ハンカチでふき取られた汗では体温を下げるのには役に立たないのです。

湿度が高いと汗が蒸発しないので体温は下がらない

梅雨時は汗をかけばかくほどベタベタと不快に感じたはず。
これは雨で空気が大量の水蒸気を含み、汗が蒸発しにくい為なのです。
これは全て熱中症にかかわることです。

汗を効率よく蒸発させるためのキーワードは「湿度」と「風」です。
湿度の低い日に風を浴び、汗ばんだ肌の表面付近にある湿った空気を分散させると汗の蒸発がより促がされる。

上手に汗をかくことは、厳しい日本の夏を乗り切るコツ。
外出時に汗をかいたときは水分補給をかねて木陰で体を休めてみよう。
風邪が出てくる夕方などは、スーッと涼しくなるのを感じるはずだ。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑