枝豆はアルコールを飲むと消耗するビタミンBを補給できる

公開日: : 健康と生活の知恵

枝豆は大豆の若いやつです。
大豆が未熟果で大豆と野菜の特徴を併せ持つ。
野菜なのにたんぱく質が豊富です。
ビタミンとたんぱく質が同時に取れる。
ビタミンB群の宝庫で、ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸などを含みます。

クーラー病はビタミンB不足?

外は暑い、部屋の中は寒いで急激な温度差。
自律神経のバランスが崩れ、だるさや頭痛を引き起こす。
ビタミンb群不足すると自律神経が乱れやすい。

枝豆はどんなとき食べるといい?

  • アルコールを飲むと消耗する
  • 炭水化物の代謝に必要

一緒に取りたい。
飲みすぎや炭水化物に隔たりがちなときに枝豆食べるのがいい。

枝豆の栄養を逃さない食べかた

ペペロンチーノ風、枝豆とシラスのパスタ
ペペロンチーノ風、枝豆とシラスのパスタ。
枝豆にはビタミンB12が入っていない。
シラスで補うと理想的な組み合わせになる。

夏は炭水化物に偏りがち(そうめんな)
ビタミンB1を消耗しやすい。
ビタミンB1は炭水化物をエネルギーにする助けになる。

関連記事

no image

夜に何度もトイレを風呂で治す方法

非常に簡単な排尿機能の若返り方法のご紹介

記事を読む

no image

肥満+食事制限に有酸素運動、筋トレを組み合わせないと筋肉が落ちる

今回紹介するのは、隠れ肥満の代表「サルコ

記事を読む

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

冷えは、血流が滞り、胃腸障害で内臓が冷え

記事を読む

コーヒー摂取と死亡リスクの関係

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下する

記事を読む

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

救急の医者の白衣、 半袖の先生が多

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

畑の青魚とはエゴマの種

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれ

記事を読む

no image

水で血液はさらさらにならないしデトックス効果はない

水をやみくもに飲みすぎるとよくない。

記事を読む

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多

記事を読む

耳を人差し指と中指で挟み、顎にそってこするように4回刺激

口の渇きが治る!昆布は唾液が多く長時間出る。20分も。

口の渇きに昆布茶がいい。 声が出せなか

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑