血液検査で栄養失調がわかるアルブミン。寝たきり予防に肉

公開日: : 最終更新日:2014/12/11 健康と生活の知恵

肉が好きだと大盛りになり体に負担を与える。
濃い味に慣れ、こってりが好きで更に調味料をかける。
野菜を食べない。
メタボで脂肪肝、肝臓に脂肪が蓄積するとNASH脂肪肝炎を発症し、肝硬変になる危険も。4050代以降のメタボの方がお肉を食べると健康被害のリスクが高まる。

肉を食べないことによる問題は、
コレステロールが体に悪いというので控えて低栄養になる方が増えている。
栄養失調の一歩手前。
その原因は肉を食べないたんぱく質不足。
アルブミンが減少、血管がもろくなり筋肉量も低下、免疫機能が低下。
ゆっくり運動機能や体力が衰え、やがて寝たきりになる。

低栄養状態の指標

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン

  • アルブミン4.0g/dl以下 ほぼ正常
  • アルブミン3.8g/dl以下 低栄養
  • アルブミン3.5g/dl以下 重度の低栄養

低栄養の状態は血液検査でわかる。
65歳以上の5人に1人が低栄養。
年をとるとお肉を食べなくなるのは胃がもたれる、噛み切れないなどの理由のほかに、
肉は体に悪いという間違った健康志向も原因。
低栄養は自覚症状がない。
肉を食べる回数を週2回ぐらいに増やすだけでアルブミンが4以上になり正常になった。
肉は大切な栄養素。2日に1回、メタボは脂っこい料理に注意しましょう。

低たんぱくの見分け方は、みかんで手が黄色

みかんを食べて手が黄色くなる人は色素を運ぶたんぱく質が不足している。
たんぱく質が足りてないサインなのです。

関連記事

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目

キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜

記事を読む

no image

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

no image

子供のほうがタバコ喫煙者に依存症になりやすい

日本大医学部の大井田隆教授らの全国調査に

記事を読む

コーヒー摂取と死亡リスクの関係

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下する

記事を読む

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。

記事を読む

畑の青魚とはエゴマの種

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれ

記事を読む

ringo

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

にんにくにはアリシンという物質が入ってい

記事を読む

疲労回復にいい食べ物は鳥の胸肉

疲労回復にコンビニのからあげ君

溜まった疲れを取るためにやってはいけない

記事を読む

no image

寝苦しい夏の夜に熟睡する方法はクーラーつけっぱ

寝苦しい夏の夜熟睡するために良いことはク

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑