閉経後に女性の若さを保つにはエクオール?

公開日: : 最終更新日:2014/12/14 健康と生活の知恵

日本は男女ともに平均寿命が80歳以上の世界有数の長寿国。
しかし、日常生活を支障なく送ることができる「健康寿命」は平均寿命に比べ男性で約9年、女性は約13年も短い。
晩年を元気に自立して過ごすことは共通する願い。
近年特定の腸内細菌によって大豆イソフラボンから産出される「エクオール」が健康の維持・促進に重要な役割を持つ可能性が明らかにされてきた。

女性ホルモンに似た働きのエクオールが閉経後に活躍する

例えば、山形大学医学部の研究グループは、70歳以上の男女596人を5年間追跡調査したところ、
エクオールを作る腸内細菌を持っている人はもっていない人と比べて要介護認定を受けたり死亡する割合が低かったと報告している。

エクオールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ。
女性は閉経まではエストロゲンによって病気や障害から守られているが、閉経後はエストロゲンが激減する。
そのため骨粗しょう症や血管の老化が進む。
糖尿病やメタボリックシンドロームで悩む女性が増えるのもこの時期。

エクオールのサプリメントにはこれらの女性の健康問題を軽減する役割が期待されている。

女性の若さを継続するエクオール


エクエル

閉経後も約40年生きる女性にとって、50代からはまさに人生のセカンドステージ。
更年期をその後に人生を健やかに過ごすための生活習慣を見直す大事なチャンスと取られ健康に対する正しい知識を身につけ自覚症状がなくても早めに対策をたてたい。
平成26年12月8日産経新聞生活欄、取材協力、東京医科歯科大学、麻生武志名誉教授

腸内環境を整えるだけで、閉経後の女性の美を保てるって簡単ですよね。
今後はヨーグルトなんかで簡単にカルシウム、ビタミンD、大豆イソフラボンをとれる商品なんかも登場するんじゃないでしょうか。
今のところはサプリメントだけみたいですし、効果があるのかも怪しいです。
なぜならば、エクオールを産出する腸内細菌がある人とない人がいるからです。
それが関係なく効力が発揮される商品の発売が待たれるところですね。

現在発売されているサプリメントのエクエルは、値段が高いです。
もっと安い商品が発売されることを願います。

関連記事

no image

絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組で

記事を読む

no image

体臭で病名がわかる-腐った肉,たまねぎ,たくあん,生魚,下水

自覚症状が出にくい病気は臭いで気づくこと

記事を読む

no image

冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管の

記事を読む

湯たんぽの温度と置く場所は?

湯たんぽの温度と置く場所は?

寝るだけで免疫力アップ。 湯たんぽは寝

記事を読む

no image

夜に何度もトイレを風呂で治す方法

非常に簡単な排尿機能の若返り方法のご紹介

記事を読む

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

急性痛:体を守る反応のひとつ 慢性

記事を読む

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

冷えは、血流が滞り、胃腸障害で内臓が冷え

記事を読む

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

肌荒れしみは蛋白質の糖化で老化が進む状態

記事を読む

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン。寝たきり予防に肉

肉が好きだと大盛りになり体に負担を与える

記事を読む

no image

2度寝 寝貯め 休日に寝すぎは体内時計にずれが生じ悪い寝起き

あなたにベストな睡眠法、グッスリスッキリ

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑