癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下の20品目に癌の予防効果があると公開された。

癌の予防効果のある20種類の食品

にんにく キャベツ 大豆 たまねぎ にんじん
ピーマン カリフラワー トマト なす ブロッコリー
きゅうり じゃがいも マスクメロン バジル ターメリック
あさつき オレンジ グレープフルーツ ベリー レモン

がん予防が最も期待できる野菜は?

第1位 にんにく

にんにくに含まれているDATS(ダッツ)が、がん細胞の増殖を抑制。消滅させる効果を期待されている。
にんにくの臭い成分に含まれている。
傷を付けると臭い きったりすりつぶすと効果的。
食べる量の目安は1日1片。

第2位 キャベツ

アラブナ科の野菜はがんのリスクを低下させる。
特に卵巣がんを減らす。
ビタミンUが豊富で、生のキャベツは胃酸の出すぎを抑える効果があります。
ブロッコリー、白菜、大根、かぶ、小松菜、野沢菜 など
野菜をバランスよく食べる効果に勝らないといわれている。

第3位 大豆

大豆イソフラボンが乳がんのリスクを低下させる研究報告がある。
豆腐、油揚げ、納豆、おから、枝豆 など
食べ過ぎると肝臓癌のリスクが上がる。

第4位 ターメリック

強力な抗酸化作用ががん予防に効果的と言われる。
大腸がん、悪性リンパ腫の予防に有効。
黒胡椒と一緒に摂取するとさらに吸収力が上がる。

他にも胃がんの予防にいい食べ物として、玉ねぎくるみなどがあります。