熟睡できない理由。早めに寝るが原因でイライラや焦りで不眠

公開日: : 最終更新日:2015/05/19 健康と生活の知恵

成長ホルモンは寝た後3時間以内に多くでる

体をより回復させるには夜10時から午前2時に深い睡眠をとるのがいい。
答えは×
ゴールデンタイム説のカギが成長ホルモン。
成長ホルモンは睡眠中に分泌されるホルモン。
脳、内蔵、骨、筋肉などのメンテナンスや細胞の修復などをして疲労を回復させる。

いつ分泌されているのか?

成長ホルモンは寝付いてからすぐの3時間以内、ノンレム睡眠の時に多く出る。
寝る時間に関係はない。

90分サイクルで寝ると目覚めがいい

答えは×
睡眠にはレム睡眠(体だけが休み眠りが浅い)とノンレム睡眠(脳も体も眠る)がある。
一晩に4~5回繰り返される。
90分サイクル説は、これが90分のサイクルで行われ、レム睡眠の時に起きることができる。
実際検査すると、人それぞればらばら。

睡眠時間が短いのに熟睡できない理由

寝る前直前まで勉強していると、脳が興奮したまま。
交感神経が緊張し運動して体温が上昇したのと同じ状態になる。
パソコンなど明るく強い光を長時間浴びることも同じ効果。
寝る前はできるだけリラックスタイムを作るのが大事。

たとえ眠れなくても決まった時間に寝床に入り、目をつむっている方がいい

答えは×
年とともに長く寝れなくなった。
活動量の問題。早めの就寝が原因でイライラや焦りが募り不眠になる。
7時間前後だが、70代は6時間、70歳を越えると5時間台。
年齢によって必要な睡眠時間は変化する。
高齢の方は12時ぐらいまで起きていれば?がいいらしい。
家事や人の会話をするだけでも活動量が上がります。

睡眠時無呼吸症候群で医療機器で併用しながらダイエット
高血圧、心血管疾患、脳卒中
深刻な病気を引き起こす原因になる。
就寝時に口にテープを張り、鼻呼吸にするといびきなども改善できる可能性がある。

関連記事

no image

老化を早める酸化と糖化とは?

酸化とは皮膚が金属のように錆びること

記事を読む

no image

冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管の

記事を読む

畑の青魚とはエゴマの種

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれ

記事を読む

no image

冷えのぼせチェックと典型的な症状

冷えのぼせは秋に増加する冷え性のひとつで

記事を読む

no image

絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組で

記事を読む

no image

癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下

記事を読む

ミントタオルの作り方

ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでイン

記事を読む

no image

鼻呼吸でアトピーが治る?

口の中の細菌感染は体全体の免疫を乱し、一

記事を読む

no image

夜に何度もトイレを風呂で治す方法

非常に簡単な排尿機能の若返り方法のご紹介

記事を読む

no image

水で血液はさらさらにならないしデトックス効果はない

水をやみくもに飲みすぎるとよくない。

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑