冷えのぼせチェックと典型的な症状

公開日: : 最終更新日:2014/10/31 健康と生活の知恵

冷えのぼせは秋に増加する冷え性のひとつで、より重い症状が特徴。
下半身や手足の末端が冷え、顔や頭がのぼせたように熱くなる。

冷えのぼせチェック

  • 胸より上は特に冷えを感じていないが手足は冷たいと言われる
  • 手足が冷えているのに頭だけがボーッと熱くなるような感じになる
  • 気温・運動などの熱くなる条件の後に、、胸より上がカーッと熱くなり、汗がどっとでる
  • 冷えの自覚はないが、冷たいものを食べたり飲んだりするとトイレが近くなる
  • 手のひらや足の裏にじっとり汗をかく

冷え性は体の血行不良が原因

人間の体は血液が循環することで温まるが、血行不良が続くと手足などの末端が冷えてしまう。
一方、頭の温度を一定に保とうとするため、頭と手足の温度差が大きくなる。
普段は自覚症状がないことも多いが、運動後など血行が良くなると、冷えていない頭部など上半身だけ
のぼせた状態になってしまうことも多いという。

「胸より上は冷えを感じないが手足は冷たい」
「手足が冷えているのに、頭だけがぼーっと熱くなるような感じがある」
などが「冷えのぼせ」の典型的な症状とされる。

自律神経の乱れを改善することがまず大事

冷えとのぼせが混在すると、体温を一定に保つように調節する神経が頻繁に働かなければならない。
その結果、自律神経バランスを崩し、寝つきが悪くなったり、不安感や緊張感に悩まされる人もいる。
冷えのぼせを判断するポイントはいくつかあり、冷えのぼせからくるさまざまな不調を治すには、自律神経の乱れを改善することがまず大事。

冷え性の場合は温めるのが有効だが、冷えのぼせの場合には温めつつ、のぼせている部分の熱を上手に逃す必要がある。
太い血管が通っている首の後ろ側を蒸しタオルで温め、顔や脇などののぼせを感じた部分は風を通して冷ますとよい。
冷え性の定番であるお風呂も注意が必要。
必要以上長風呂せずに、快適と感じる温度時間で十分。
寝る前には腹式呼吸で交感神経の緊張を和らげるとリラックスしてよく眠れるという。

温めグッズで今注目なのがスヌッチョ


スヌード+ポンチョ スヌッチョ
筒状のネックウォーマーで首回りを温めます。

関連記事

湯たんぽの温度と置く場所は?

湯たんぽの温度と置く場所は?

寝るだけで免疫力アップ。 湯たんぽは寝

記事を読む

no image

水で血液はさらさらにならないしデトックス効果はない

水をやみくもに飲みすぎるとよくない。

記事を読む

舌の周りに歯型

舌の色が薄い、歯型がつく、色が濃いで健康状態がわかる

舌が白っぽいときと、そうでないときの

記事を読む

no image

癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下

記事を読む

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

救急の医者の白衣、 半袖の先生が多

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

no image

肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人

記事を読む

no image

お酒を次の日に残さない方法

飲む前に卵かけご飯を食べる 卵の中

記事を読む

no image

コーヒーは、すい臓癌,肝臓癌,子宮体癌のリスク低下、緑茶は胃がん

コーヒー飲むと癌になるのはウソ。 コー

記事を読む

no image

焼き魚に大根おろしをのせる理由とベンツピレン

テレビで焼き魚などの焦げた部分を食べると

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑