日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

公開日: : 最終更新日:2016/07/31 健康と生活の知恵

基底細胞がんは紫外線により起こる皮膚がん。
紫外線で傷ついたDNAの細胞が分裂する、皮膚がんが発生すると考えられている。
ランゲルハンス細胞というウイルスから守る皮膚の免疫細胞がある。
これに紫外線を当てると細胞が減少する。
紫外線は免疫細胞を減少、免疫機能が低下する

紫外線対策の落とし穴がある

太陽の動きと家の中の行動パターン

東から西へ太陽は落ちる。
朝は東に太陽があるとき、西にいる。
西に太陽があるとき東ににいる
太陽の動きと反対の生活パターンで紫外線対策になる。

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること
日傘はひくくさすほうが紫外線対策になる
紫外線は反射光 散乱光 あらゆる方向からくる。
日傘を高くさすと すべて対策できない
さらに太陽の方向を向けて日傘をさすことで紫外線対策

日焼けに強い弱いタイプがある

スキンタイプ
黒くなりやすい人のほうが紫外線の影響を受けにくい

窓ガラスは紫外線Bを吸収する 閉めたほうがいい
ポリエステルは紫外線Bを止める、だが汗を吸収しにくく

紫外線と戦える強い肌を作る方法はお風呂

肌が赤く変化する理由は肌のDNAが傷ついている証拠。
細胞を直すにはヒートショックプロテイン。
傷ついた細胞の修復力がアップする。
簡単な方法は、
お風呂につかるのは3日に1度。
毎日入ると体が刺激になれて出にくくなる
お風呂に入ってから2日目にピーク。
3日に一度、41度のお湯しっかり暖まること。
これでシミできにくくなる。
残りの2日は37度のシャワーで熱刺激になれないようにすること。

なかなかでない人はこちらの記事も参考に。
ヒートテックプロテインを出す方法

関連記事

no image

冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管の

記事を読む

畑の青魚とはエゴマの種

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれ

記事を読む

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である

記事を読む

no image

コーヒーは、すい臓癌,肝臓癌,子宮体癌のリスク低下、緑茶は胃がん

コーヒー飲むと癌になるのはウソ。 コー

記事を読む

湯たんぽの温度と置く場所は?

湯たんぽの温度と置く場所は?

寝るだけで免疫力アップ。 湯たんぽは寝

記事を読む

no image

秋のダイエットに使える体にいい野菜ベスト8

秋に美味しい野菜!本当に体にいい野菜ベス

記事を読む

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。

記事を読む

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

冷えは、血流が滞り、胃腸障害で内臓が冷え

記事を読む

no image

寝苦しい夏の夜に熟睡する方法はクーラーつけっぱ

寝苦しい夏の夜熟睡するために良いことはク

記事を読む

no image

癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑