日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

基底細胞がんは紫外線により起こる皮膚がん。
紫外線で傷ついたDNAの細胞が分裂する、皮膚がんが発生すると考えられている。
ランゲルハンス細胞というウイルスから守る皮膚の免疫細胞がある。
これに紫外線を当てると細胞が減少する。
紫外線は免疫細胞を減少、免疫機能が低下する

紫外線対策の落とし穴がある

太陽の動きと家の中の行動パターン

東から西へ太陽は落ちる。
朝は東に太陽があるとき、西にいる。
西に太陽があるとき東ににいる
太陽の動きと反対の生活パターンで紫外線対策になる。

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること
日傘はひくくさすほうが紫外線対策になる
紫外線は反射光 散乱光 あらゆる方向からくる。
日傘を高くさすと すべて対策できない
さらに太陽の方向を向けて日傘をさすことで紫外線対策

日焼けに強い弱いタイプがある

スキンタイプ
黒くなりやすい人のほうが紫外線の影響を受けにくい

窓ガラスは紫外線Bを吸収する 閉めたほうがいい
ポリエステルは紫外線Bを止める、だが汗を吸収しにくく

紫外線と戦える強い肌を作る方法はお風呂

肌が赤く変化する理由は肌のDNAが傷ついている証拠。
細胞を直すにはヒートショックプロテイン。
傷ついた細胞の修復力がアップする。
簡単な方法は、
お風呂につかるのは3日に1度。
毎日入ると体が刺激になれて出にくくなる
お風呂に入ってから2日目にピーク。
3日に一度、41度のお湯しっかり暖まること。
これでシミできにくくなる。
残りの2日は37度のシャワーで熱刺激になれないようにすること。

なかなかでない人はこちらの記事も参考に。
ヒートテックプロテインを出す方法