よく噛むと癌の予防!唾液が効く

公開日: : 健康と生活の知恵

卑弥呼の歯がいーぜという歯の標語がある。

卑弥呼の歯がいーぜの頭文字

ひ 肥満を防ぐ
み 味覚の発達
こ 言葉の発音をはっきり
の 脳の発達
は 歯の病気拍子
が ガンを防ぐ
いー 胃腸の働きを
ぜ 全力投球、全身の体力向上

噛むのいい効果

噛むたびに満腹中枢が刺激される。
食べすぎ抑制で肥満防止。
さらに顔の25種類以上の筋肉で表情が豊かになり口元の老化をふせぐ。

噛むことで癌の予防ができる

噛むと唾液、高酸化作用。
食べ物が持っている発ガン作用を抑える働きがある。
よく噛むとよりおおく唾液が絡まる。
唾液に含まれる酵素には食べ物の発ガン作用を抑える働きがある。

大事なことは食べ物を食べるときに自分の唾液で呑み込んで欲しい。
お茶や牛乳で流し込まないように。
歯がなかったらいい入れ歯をいれても 本来の力が上がらない。
噛むことで癌に効くとは驚きですね。

よく噛むには噛む噛むクッキング

噛み切りにくいもので噛む回数をアップさせる。
唾液分泌を促す。
硬いものを選ぶのは歯が欠ける原因になるのでNG。
乾き物がいい。
高野豆腐もお勧め。
高野豆腐は水でもどし、油で揚げる。
あげた高野豆腐にマーボードーフをかける。

素材の切り方を買えることもお勧め。
ひき肉に干ししいたけやたけのこを加えることで噛む回数を増やす。
カレーはシーフードなど組み合わせることで噛む回数を増やす。
噛む回数を増やすだけで癌を予防できるなんて夢のよう!

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑