よく噛むと癌の予防!唾液が効く

公開日: : 健康と生活の知恵

卑弥呼の歯がいーぜという歯の標語がある。

卑弥呼の歯がいーぜの頭文字

ひ 肥満を防ぐ
み 味覚の発達
こ 言葉の発音をはっきり
の 脳の発達
は 歯の病気拍子
が ガンを防ぐ
いー 胃腸の働きを
ぜ 全力投球、全身の体力向上

噛むのいい効果

噛むたびに満腹中枢が刺激される。
食べすぎ抑制で肥満防止。
さらに顔の25種類以上の筋肉で表情が豊かになり口元の老化をふせぐ。

噛むことで癌の予防ができる

噛むと唾液、高酸化作用。
食べ物が持っている発ガン作用を抑える働きがある。
よく噛むとよりおおく唾液が絡まる。
唾液に含まれる酵素には食べ物の発ガン作用を抑える働きがある。

大事なことは食べ物を食べるときに自分の唾液で呑み込んで欲しい。
お茶や牛乳で流し込まないように。
歯がなかったらいい入れ歯をいれても 本来の力が上がらない。
噛むことで癌に効くとは驚きですね。

よく噛むには噛む噛むクッキング

噛み切りにくいもので噛む回数をアップさせる。
唾液分泌を促す。
硬いものを選ぶのは歯が欠ける原因になるのでNG。
乾き物がいい。
高野豆腐もお勧め。
高野豆腐は水でもどし、油で揚げる。
あげた高野豆腐にマーボードーフをかける。

素材の切り方を買えることもお勧め。
ひき肉に干ししいたけやたけのこを加えることで噛む回数を増やす。
カレーはシーフードなど組み合わせることで噛む回数を増やす。
噛む回数を増やすだけで癌を予防できるなんて夢のよう!

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑