柿酢の作り方、酵母菌で20日アルコール発酵

公開日: : 健康と生活の知恵

柿酢は血圧が下がる効果がある。
カリウムの含有量が多い。
黒酢の3倍米酢の17倍ある。
カリウムとポリフェノールが豊富に含まれているため柿酢は血圧が下がる効果がある。

カリウムは塩分が体の外に排出され血圧が下がる。
ポリフェノール抗動脈化作用があり、体内の酸化を防ぎ血管の若返りにつながる。
高血圧予防、疲労回復、老化防止、二日酔い防止を期待できる。

柿酢の作り方

柿酢の作り方、酵母菌で20日アルコール発酵
柿を皮ごと砕き、酵母菌で20日アルコール発酵。
濾過すると柿の酒ができる。
それに酢酸菌を加えると4か月でアルコールが酢酸に変化。
2年間熟成させて完成。

柿酢をどれぐらい飲めば血圧が下がる?

毎日飲むと血圧が下がる効果は、毎日20ml。
2カ月で上6.9、下4下がる研究結果があった。
他にも体重が減った、便通がよくなったなど。

柿酢と和食の相性の良さ

和食は健康食だが最大の欠点は塩分。
ナトリウム、塩の代わりに酢を使うと塩分を減らせる。
お酒を飲む前に柿を食べると、柿のポリフェノール、タンニンは二日酔いの原因物質アセトアルデヒド結合して体外に出す効果がある。


柿酢 200ml

関連記事

no image

閉経後に女性の若さを保つにはエクオール?

日本は男女ともに平均寿命が80歳以上の世

記事を読む

no image

肥満+食事制限に有酸素運動、筋トレを組み合わせないと筋肉が落ちる

今回紹介するのは、隠れ肥満の代表「サルコ

記事を読む

no image

冷えのぼせチェックと典型的な症状

冷えのぼせは秋に増加する冷え性のひとつで

記事を読む

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。

記事を読む

no image

冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管の

記事を読む

no image

夜に何度もトイレを風呂で治す方法

非常に簡単な排尿機能の若返り方法のご紹介

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

no image

お酒を次の日に残さない方法

飲む前に卵かけご飯を食べる 卵の中

記事を読む

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

急性痛:体を守る反応のひとつ 慢性

記事を読む

氷で首を冷やすダイエットの方法

氷で首を冷やすダイエットの方法

氷で首マッサージするとダイエット効果

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑