柿酢の作り方、酵母菌で20日アルコール発酵

公開日: : 健康と生活の知恵

柿酢は血圧が下がる効果がある。
カリウムの含有量が多い。
黒酢の3倍米酢の17倍ある。
カリウムとポリフェノールが豊富に含まれているため柿酢は血圧が下がる効果がある。

カリウムは塩分が体の外に排出され血圧が下がる。
ポリフェノール抗動脈化作用があり、体内の酸化を防ぎ血管の若返りにつながる。
高血圧予防、疲労回復、老化防止、二日酔い防止を期待できる。

柿酢の作り方

柿酢の作り方、酵母菌で20日アルコール発酵
柿を皮ごと砕き、酵母菌で20日アルコール発酵。
濾過すると柿の酒ができる。
それに酢酸菌を加えると4か月でアルコールが酢酸に変化。
2年間熟成させて完成。

柿酢をどれぐらい飲めば血圧が下がる?

毎日飲むと血圧が下がる効果は、毎日20ml。
2カ月で上6.9、下4下がる研究結果があった。
他にも体重が減った、便通がよくなったなど。

柿酢と和食の相性の良さ

和食は健康食だが最大の欠点は塩分。
ナトリウム、塩の代わりに酢を使うと塩分を減らせる。
お酒を飲む前に柿を食べると、柿のポリフェノール、タンニンは二日酔いの原因物質アセトアルデヒド結合して体外に出す効果がある。


柿酢 200ml

関連記事

no image

鼻呼吸でアトピーが治る?

口の中の細菌感染は体全体の免疫を乱し、一

記事を読む

no image

閉経後に女性の若さを保つにはエクオール?

日本は男女ともに平均寿命が80歳以上の世

記事を読む

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である

記事を読む

no image

風邪インフルエンザは水分を嚥下し日光を浴びる事

主治医が見つかる診療所より、風邪の予防法

記事を読む

ringo

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

にんにくにはアリシンという物質が入ってい

記事を読む

急増する尿路結石

急増する尿路結石の予防、対処、なりにくい食材、痛み

激しい痛みが伴う尿路結石は、大きさによっ

記事を読む

首の片側が腫れているのは甲状腺低下症の可能性あり

昆布茶で甲状腺腫大、橋本病、サイログロブリン上昇

昆布茶は体にいいとされますが長年の接種は

記事を読む

no image

夜に何度もトイレを風呂で治す方法

非常に簡単な排尿機能の若返り方法のご紹介

記事を読む

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

冷えは、血流が滞り、胃腸障害で内臓が冷え

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑