活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

公開日: : 健康と生活の知恵

風邪を引きにくくするビタミンC。
血管や肌など様々な体の重要な機能を正常に働かせるために必要。
ビタミンCは体内で作れないので毎日摂取する必要がある。
活性酸素を消去する効果が高い

活性酸素とは?

細胞は酸素を取り込みエネルギーを作り出す。
活性酸素とは使われた酸素の一部が変化したもの。
特徴は、細胞や組織を錆びさせてボロボロにすること。
体のなかの活性酸素が一定量を超えると 免疫組織を攻撃して免疫力が低下
風邪を引きやすくなる。
風邪以外の病気の原因にもなる。
細胞を壊し、免疫力を低下することで癌を引き起こす原因といわれている。
それを減らすのがビタミンC
活性酸素がビタミンCを攻撃する。

活性酸素を減らすビタミンCの量

厚生労働省では、1日100mg かいけつびょうを防ぐ。
1日500mgぐらいのビタミンCを摂取すればいい。
ビタミンCは多く取ると尿に出るので1日3回でちょっとづつがいい。

毎日500グラムで体質が改善されるそう

朝昼晩 キウイを食べてもらう。
1個当たり 60mg (レモン3個分)
一食3個づつ、1日3回食べる。
500mgで体質が改善された。

ほうれん草にはビタミンCが35mg入っているが5分茹でると60%減る。
ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いので調理をすると減ってしまう。
病院でビタミンC貰うならシナールがおすすめ。

関連記事

ミントタオルの作り方

ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでイン

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

急性痛:体を守る反応のひとつ 慢性

記事を読む

ringo

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

にんにくにはアリシンという物質が入ってい

記事を読む

no image

体臭で病名がわかる-腐った肉,たまねぎ,たくあん,生魚,下水

自覚症状が出にくい病気は臭いで気づくこと

記事を読む

no image

老化を早める酸化と糖化とは?

酸化とは皮膚が金属のように錆びること

記事を読む

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。

記事を読む

no image

焼き魚に大根おろしをのせる理由とベンツピレン

テレビで焼き魚などの焦げた部分を食べると

記事を読む

no image

夜に何度もトイレを風呂で治す方法

非常に簡単な排尿機能の若返り方法のご紹介

記事を読む

no image

熟睡する方法、シーツの色とお風呂は寝る3時間前

シーツはパステルカラーがいい 熟睡

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑