活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

公開日: : 健康と生活の知恵

風邪を引きにくくするビタミンC。
血管や肌など様々な体の重要な機能を正常に働かせるために必要。
ビタミンCは体内で作れないので毎日摂取する必要がある。
活性酸素を消去する効果が高い

活性酸素とは?

細胞は酸素を取り込みエネルギーを作り出す。
活性酸素とは使われた酸素の一部が変化したもの。
特徴は、細胞や組織を錆びさせてボロボロにすること。
体のなかの活性酸素が一定量を超えると 免疫組織を攻撃して免疫力が低下
風邪を引きやすくなる。
風邪以外の病気の原因にもなる。
細胞を壊し、免疫力を低下することで癌を引き起こす原因といわれている。
それを減らすのがビタミンC
活性酸素がビタミンCを攻撃する。

活性酸素を減らすビタミンCの量

厚生労働省では、1日100mg かいけつびょうを防ぐ。
1日500mgぐらいのビタミンCを摂取すればいい。
ビタミンCは多く取ると尿に出るので1日3回でちょっとづつがいい。

毎日500グラムで体質が改善されるそう

朝昼晩 キウイを食べてもらう。
1個当たり 60mg (レモン3個分)
一食3個づつ、1日3回食べる。
500mgで体質が改善された。

ほうれん草にはビタミンCが35mg入っているが5分茹でると60%減る。
ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いので調理をすると減ってしまう。
病院でビタミンC貰うならシナールがおすすめ。

関連記事

ringo

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

にんにくにはアリシンという物質が入ってい

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

no image

ベタベタ汗で熱中症になる理由は湿度

汗をかくだけでは涼しくならない。 汗は

記事を読む

no image

熟睡できない理由。早めに寝るが原因でイライラや焦りで不眠

成長ホルモンは寝た後3時間以内に多くでる

記事を読む

no image

寝苦しい夏の夜に熟睡する方法はクーラーつけっぱ

寝苦しい夏の夜熟睡するために良いことはク

記事を読む

no image

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高

記事を読む

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

肌荒れしみは蛋白質の糖化で老化が進む状態

記事を読む

no image

癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下

記事を読む

ミントタオルの作り方

ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでイン

記事を読む

no image

老化を早める酸化と糖化とは?

酸化とは皮膚が金属のように錆びること

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑