口の渇きが治る!昆布は唾液が多く長時間出る。20分も。

口の渇きに昆布茶がいい。
声が出せなかったほどの口の渇きが改善。
なぜ?

昆布茶のうまみ成分が唾液を出す

旨味はグルタミン酸によるもの。
舌が食事としたと錯覚し唾液を分泌する。
レモンや梅干しの酸味より昆布のうまみのほうが唾液が多く、長時間出る。

旨味をじっくり感じるためにゆっくり飲むのがいい。
昆布入れたお湯でもいい。

口の免疫バリアを強化、うまみが口にひろがって1日1~2杯のどが渇いた時に飲む。

唾液を出すマッサージ

耳下腺マッサージ

耳を人差し指と中指で挟み、顎にそってこするように4回刺激
耳を人差し指と中指で挟み、顎にそってこするように4回刺激。

顎下腺マッサージ

顎の下のやや膨らんだあたりをこするように4回刺激
顎の下のやや膨らんだあたりをこするように4回刺激。

唾液を出す部分は3つ

舌下腺、耳下腺、顎下腺。
耳下腺と顎下腺は外から刺激できる。
耳下腺を4回 顎下腺を4回 2セット行う。

唾液は1日に1.5リットル出る。
昆布茶は熱中症の予防にもいい。
レモンや梅干し 2~3分しか唾液が出ない。
昆布茶は20分唾液が出る。
よだれがどんどん出る昆布茶で免疫力アップ+熱中症予防!