にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

公開日: : 最終更新日:2015/06/17 健康と生活の知恵

にんにくにはアリシンという物質が入っている。
ビタミンB1と結合し糖質を分解してエネルギーに変える。
血栓予防、癌予防、血管の老化防止、免疫力アップ、血圧低下、冷え性解消、肩こり改善などの効果がある。

アリシンがいやな臭いにつながる

唾液の分泌量が関係している。
唾液緩衝能 口腔内のペーハー値を整える作用。
唾液自浄作用 口腔内の汚れを洗い流す作用。

顎にある顎下腺というツボを押すと唾液の分泌量がアップする。
食後すぐの臭いを和らげてくれます。
すぐ電車に乗るなどするときはガムを食べるのも効果的です。

食べた4時間後に急上昇

にんにくのアリシンという成分が消化されると腸の中で別の臭いになって腸管壁から血流に乗って口から出てくる。
それが第二のピーク

腸で消化されたにんにくの臭い成分が血液を通じて肺に運ばれて呼気になる。
4時間後が強烈。
臭いのピークは2回
収まるまで10時間下がる。

にんにくの臭いを和らげる食材

ポリフェノール

りんご、ブルーベリー、チョコレート、プルーン、クルミ

たんぱく質

牛乳、チーズ、ヨーグルト、鶏肉、大豆

植物繊維

ごぼう、酢昆布、オクラ、唐辛子、アボガド

クエン酸

酢、梅干、レモン、みかん

カテキン

緑茶、青汁、紅茶、ほうじ茶

この中でも一番有効なのがリンゴ

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも
ニンニク臭の成分アリシンを分解するポリフェノールが豊富。
食物繊維が腸内での臭いの発生を抑制する。
果汁が多いリンゴジュースのほうポリフェノールが多く含まれて効果がある。
口にいきわたらせてから飲むのがいい。うがいも効果的。

たんぱく質がアリシンを分解するが消化後の臭いに効果なし。
酢昆布は効果は前半あったが、後半は臭いが増すので効果なし。
臭いが残る時間は代謝のよしあしでも変わる。

ニンニクと一緒に食べて臭いが増すのは肉。
肉などのたんぱく質は体内でアンモニアを精製するのでニンニクと合わさりより臭くなる。

関連記事

no image

子供のほうがタバコ喫煙者に依存症になりやすい

日本大医学部の大井田隆教授らの全国調査に

記事を読む

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多

記事を読む

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

すんきという漬物がヨーグルトよりもいい乳

記事を読む

no image

お酒を次の日に残さない方法

飲む前に卵かけご飯を食べる 卵の中

記事を読む

no image

寝苦しい夏の夜に熟睡する方法はクーラーつけっぱ

寝苦しい夏の夜熟睡するために良いことはク

記事を読む

畑の青魚とはエゴマの種

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれ

記事を読む

徳之島の長生きの秘密はみき

徳之島スーパーのみきはコメグルト!もちムギでダイエット!

徳之島のスーパーの 醗酵飲料「みき」を

記事を読む

渡辺式ふくらはぎパンパン法の正しい方法とは?

渡辺式ふくらはぎパンパン法は危険?血栓が飛ぶ?

名づけて「渡辺式、ふくらはぎパンパン法」

記事を読む

ペペロンチーノ風、枝豆とシラスのパスタ

枝豆はアルコールを飲むと消耗するビタミンBを補給できる

枝豆は大豆の若いやつです。 大豆が未熟

記事を読む

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑