「 健康と生活の知恵 」 一覧

疲労回復にコンビニのからあげ君

溜まった疲れを取るためにやってはいけないことは暑いお風呂に肩までつかること。 暑いお風呂に入ると疲れたから寝れる。 疲労回復に効果的な入浴法 39度から40度のお湯に半身浴。 下半身を

続きを見る

枝豆はアルコールを飲むと消耗するビタミンBを補給できる

枝豆は大豆の若いやつです。 大豆が未熟果で大豆と野菜の特徴を併せ持つ。 野菜なのにたんぱく質が豊富です。 ビタミンとたんぱく質が同時に取れる。 ビタミンB群の宝庫で、ビタミンB1、B2、ナイア

続きを見る

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

にんにくにはアリシンという物質が入っている。 ビタミンB1と結合し糖質を分解してエネルギーに変える。 血栓予防、癌予防、血管の老化防止、免疫力アップ、血圧低下、冷え性解消、肩こり改善などの効果があ

続きを見る

体臭で病名がわかる-腐った肉,たまねぎ,たくあん,生魚,下水

自覚症状が出にくい病気は臭いで気づくことが早期発見の鍵。 臭いは言ってあげたほうがいいがなかなかいえない。 そのために身内がいる。家族が気づいてあげられることが大事。 自分の臭いに気づく方法

続きを見る

老化を早める酸化と糖化とは?

酸化とは皮膚が金属のように錆びること 体に取り入れた酸素は一部が活性酸素に変化。 健康な細胞を攻撃して劣化させる。 これが酸化。 しわやしみ、がんを引き起こすことも。 主な原因は紫外線、

続きを見る

紫外線対策で減量できた理由は代謝アップ!

紫外線対策はダイエットにもなる 紫外線に強い体を作ると自然にダイエットになる。 仕組みは超シンプル。 新陳代謝をたかめて肌の生まれ変わりのスピードアップ。 紫外線ダメージを受けた肌でも

続きを見る

氷で首を冷やすダイエットの方法

氷で首マッサージするとダイエット効果 お風呂上りにする首を冷やすマッサージ。 氷で首を冷やす医学的根拠をご紹介します。 体の代謝を上げる褐色脂肪細胞は首周りに多い。 温まった後に首の周

続きを見る

熟睡できない理由。早めに寝るが原因でイライラや焦りで不眠

成長ホルモンは寝た後3時間以内に多くでる 体をより回復させるには夜10時から午前2時に深い睡眠をとるのがいい。 答えは× ゴールデンタイム説のカギが成長ホルモン。 成長ホルモンは睡眠中に分

続きを見る

よく噛むと癌の予防!唾液が効く

卑弥呼の歯がいーぜという歯の標語がある。 卑弥呼の歯がいーぜの頭文字 ひ 肥満を防ぐ み 味覚の発達 こ 言葉の発音をはっきり の 脳の発達 は 歯の病気拍子 が ガンを防ぐ

続きを見る

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下するらしい。 コーヒーも同じくらしい。 緑茶摂取と死亡リスクの関係 1日1杯未満が1とすると、5杯以上で0.87、約2割死亡リスク軽減。 男性も女性

続きを見る

活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

風邪を引きにくくするビタミンC。 血管や肌など様々な体の重要な機能を正常に働かせるために必要。 ビタミンCは体内で作れないので毎日摂取する必要がある。 活性酸素を消去する効果が高い 活性酸

続きを見る

ガイドワイヤーを血管に挿入し、グルーガンで接着剤を注入
下肢静脈りゅの手術が10分!接着剤入れるだけ

下肢静脈りゅで傷が残らない10分で治る治療が紹介されていました。

no image
抗癌剤TS-1と喘息との関係は?

67歳の夫は4ヶ月前、胃がんのため胃亜全摘術を受けました。 リンパ節

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。 たとえ作

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位
膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌は膵臓の外に広がって動脈にも転

no image
脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET検査で右肺上葉に二センチの癌が

→もっと見る

PAGE TOP ↑