「 健康と生活の知恵 」 一覧

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高コレステロール血症という病気。 ハードなトレーニングで、身長176cm、体重71kg、体脂肪11.9%。 PWVという血管年齢を測定する検査では実年齢39歳

続きを見る

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれるEPA。 EPAを取るには青魚だけでなく、畑の青魚といわれているエゴマでも取ることができる。 血管年齢が若い町民が多い宮城県加美郡色麻町は人口7300

続きを見る

お酒を次の日に残さない方法

飲む前に卵かけご飯を食べる 卵の中にアミノ酸 肝臓の動きを助ける アルコールの分解を促進する働き 生のアミノ酸が重要 熱を加えるとアミノ酸が変性する しじみのみそ汁 タウリン  肝

続きを見る

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は春が旬です。 抗酸化作用のリコピンが有名ですが、他にも 13オキソODAが抗肥満作用があるといわれている。 中性脂肪を溜めにくくする働きのメタボ対策、疲労回

続きを見る

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である。 一般的に晴れの日は気圧が高く、雨の日は気圧が低い。 気圧の低下は体にストレスを与える。 体がストレスを感じると、体内にヒスタミンという物質が作られる。

続きを見る

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

すんきという漬物がヨーグルトよりもいい乳酸菌が入っているそうです。 秋から冬にかけて作られるすんきは、赤カブの葉っぱのほうを使った漬物です。 株を入れるとピンク色になって綺麗。 長野県木曽で作ら

続きを見る

閉経後に女性の若さを保つにはエクオール?

日本は男女ともに平均寿命が80歳以上の世界有数の長寿国。 しかし、日常生活を支障なく送ることができる「健康寿命」は平均寿命に比べ男性で約9年、女性は約13年も短い。 晩年を元気に自立して過ごすこと

続きを見る

水で血液はさらさらにならないしデトックス効果はない

水をやみくもに飲みすぎるとよくない。 でも1日水を2リットル飲むべきという情報もある。 たくさん水を飲めば頻尿になる。 水をいっぱい飲んでもデトックス効果はない 水を多く飲むと毒素を出

続きを見る

角砂糖1個、糖質4グラム。白米で取りすぎ?

白米などの炭水化物は体に悪いって本当? 炭水化物は糖質と植物繊維をまぜたもの。 糖質は脳や全身のエネルギーとなる。 必要以上の炭水化物を摂取すると余分な糖分が蓄えられ肥満になる。 糖尿病に

続きを見る

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン。寝たきり予防に肉

肉が好きだと大盛りになり体に負担を与える。 濃い味に慣れ、こってりが好きで更に調味料をかける。 野菜を食べない。 メタボで脂肪肝、肝臓に脂肪が蓄積するとNASH脂肪肝炎を発症し、肝硬変になる危険

続きを見る

健康にまつわる都市伝説、駆け込みドクター

嘘、ホント? 健康にまつわる都市伝説を駆け込みドクターで解説していました。 暗い所で本を読むと目が悪くならない、眼精疲労になる 暗い所で本を読むと目が悪くなるは嘘。 視力が低下するとい

続きを見る

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。 心筋梗塞になる恐れもある。 血圧を抑えるのは血管をしなやかにするEPA。 特におすすめはブリ。 不飽和脂肪酸のEPAで血圧を下げる効果がある。

続きを見る

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

肌荒れしみは蛋白質の糖化で老化が進む状態。 動脈硬化ののリスクが高まる。 新陳代謝を促す食品が豆腐です。 豆腐と柿の和え物のレシピ 柿1個、絹ごし豆腐100g、胡麻ドレッシング大さ

続きを見る

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

冷えは、血流が滞り、胃腸障害で内臓が冷える状態です。 冷えを防ぐ食べ物は各臓器を暖かい状態するものです。 食材はリンゴがおすすめです。 リンゴは1日1個で医者いらずと言われます。 植物繊維は血

続きを見る

冷えのぼせチェックと典型的な症状

冷えのぼせは秋に増加する冷え性のひとつで、より重い症状が特徴。 下半身や手足の末端が冷え、顔や頭がのぼせたように熱くなる。 冷えのぼせチェック 胸より上は特に冷えを感じていないが手足は冷たい

続きを見る

焼き魚に大根おろしをのせる理由とベンツピレン

テレビで焼き魚などの焦げた部分を食べると癌にならないと言っています。 焦げに含まれる物質は毎日1000kg食べてやっと癌になるぐらい微量な程度らしいです。 焼き魚の焦げに含まれるのは、ベンツピレン

続きを見る

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑