「 健康と生活の知恵 」 一覧

体臭で病名がわかる-腐った肉,たまねぎ,たくあん,生魚,下水

自覚症状が出にくい病気は臭いで気づくことが早期発見の鍵。 臭いは言ってあげたほうがいいがなかなかいえない。 そのために身内がいる。家族が気づいてあげられることが大事。 自分の臭いに気づく方法

続きを見る

老化を早める酸化と糖化とは?

酸化とは皮膚が金属のように錆びること 体に取り入れた酸素は一部が活性酸素に変化。 健康な細胞を攻撃して劣化させる。 これが酸化。 しわやしみ、がんを引き起こすことも。 主な原因は紫外線、

続きを見る

紫外線対策で減量できた理由は代謝アップ!

紫外線対策はダイエットにもなる 紫外線に強い体を作ると自然にダイエットになる。 仕組みは超シンプル。 新陳代謝をたかめて肌の生まれ変わりのスピードアップ。 紫外線ダメージを受けた肌でも

続きを見る

氷で首を冷やすダイエットの方法

氷で首マッサージするとダイエット効果 お風呂上りにする首を冷やすマッサージ。 氷で首を冷やす医学的根拠をご紹介します。 体の代謝を上げる褐色脂肪細胞は首周りに多い。 温まった後に首の周

続きを見る

熟睡できない理由。早めに寝るが原因でイライラや焦りで不眠

成長ホルモンは寝た後3時間以内に多くでる 体をより回復させるには夜10時から午前2時に深い睡眠をとるのがいい。 答えは× ゴールデンタイム説のカギが成長ホルモン。 成長ホルモンは睡眠中に分

続きを見る

よく噛むと癌の予防!唾液が効く

卑弥呼の歯がいーぜという歯の標語がある。 卑弥呼の歯がいーぜの頭文字 ひ 肥満を防ぐ み 味覚の発達 こ 言葉の発音をはっきり の 脳の発達 は 歯の病気拍子 が ガンを防ぐ

続きを見る

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下するらしい。 コーヒーも同じくらしい。 緑茶摂取と死亡リスクの関係 1日1杯未満が1とすると、5杯以上で0.87、約2割死亡リスク軽減。 男性も女性

続きを見る

活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

風邪を引きにくくするビタミンC。 血管や肌など様々な体の重要な機能を正常に働かせるために必要。 ビタミンCは体内で作れないので毎日摂取する必要がある。 活性酸素を消去する効果が高い 活性酸

続きを見る

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高コレステロール血症という病気。 ハードなトレーニングで、身長176cm、体重71kg、体脂肪11.9%。 PWVという血管年齢を測定する検査では実年齢39歳

続きを見る

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれるEPA。 EPAを取るには青魚だけでなく、畑の青魚といわれているエゴマでも取ることができる。 血管年齢が若い町民が多い宮城県加美郡色麻町は人口7300

続きを見る

お酒を次の日に残さない方法

飲む前に卵かけご飯を食べる 卵の中にアミノ酸 肝臓の動きを助ける アルコールの分解を促進する働き 生のアミノ酸が重要 熱を加えるとアミノ酸が変性する しじみのみそ汁 タウリン  肝

続きを見る

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑