「 健康と生活の知恵 」 一覧

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下するらしい。 コーヒーも同じくらしい。 緑茶摂取と死亡リスクの関係 1日1杯未満が1とすると、5杯以上で0.87、約2割死亡リスク軽減。 男性も女性

続きを見る

活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

風邪を引きにくくするビタミンC。 血管や肌など様々な体の重要な機能を正常に働かせるために必要。 ビタミンCは体内で作れないので毎日摂取する必要がある。 活性酸素を消去する効果が高い 活性酸

続きを見る

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高コレステロール血症という病気。 ハードなトレーニングで、身長176cm、体重71kg、体脂肪11.9%。 PWVという血管年齢を測定する検査では実年齢39歳

続きを見る

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれるEPA。 EPAを取るには青魚だけでなく、畑の青魚といわれているエゴマでも取ることができる。 血管年齢が若い町民が多い宮城県加美郡色麻町は人口7300

続きを見る

お酒を次の日に残さない方法

飲む前に卵かけご飯を食べる 卵の中にアミノ酸 肝臓の動きを助ける アルコールの分解を促進する働き 生のアミノ酸が重要 熱を加えるとアミノ酸が変性する しじみのみそ汁 タウリン  肝

続きを見る

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は春が旬です。 抗酸化作用のリコピンが有名ですが、他にも 13オキソODAが抗肥満作用があるといわれている。 中性脂肪を溜めにくくする働きのメタボ対策、疲労回

続きを見る

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である。 一般的に晴れの日は気圧が高く、雨の日は気圧が低い。 気圧の低下は体にストレスを与える。 体がストレスを感じると、体内にヒスタミンという物質が作られる。

続きを見る

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

すんきという漬物がヨーグルトよりもいい乳酸菌が入っているそうです。 秋から冬にかけて作られるすんきは、赤カブの葉っぱのほうを使った漬物です。 株を入れるとピンク色になって綺麗。 長野県木曽で作ら

続きを見る

閉経後に女性の若さを保つにはエクオール?

日本は男女ともに平均寿命が80歳以上の世界有数の長寿国。 しかし、日常生活を支障なく送ることができる「健康寿命」は平均寿命に比べ男性で約9年、女性は約13年も短い。 晩年を元気に自立して過ごすこと

続きを見る

水で血液はさらさらにならないしデトックス効果はない

水をやみくもに飲みすぎるとよくない。 でも1日水を2リットル飲むべきという情報もある。 たくさん水を飲めば頻尿になる。 水をいっぱい飲んでもデトックス効果はない 水を多く飲むと毒素を出

続きを見る

角砂糖1個、糖質4グラム。白米で取りすぎ?

白米などの炭水化物は体に悪いって本当? 炭水化物は糖質と植物繊維をまぜたもの。 糖質は脳や全身のエネルギーとなる。 必要以上の炭水化物を摂取すると余分な糖分が蓄えられ肥満になる。 糖尿病に

続きを見る

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

no image
子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部上皮内がん(0期がん)で円錐切

親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない
親の介護でおむつを強く締め付けるのは可愛そうではない

家で親を介護するものにとって一番大変なのが排泄ケア。 おむつをつける

no image
絹ごし豆腐より木綿の方がマグネシウムが多い

豆腐の高血圧予防改善効果が武の健康番組でやっていました。 豆腐に

→もっと見る

PAGE TOP ↑