「 健康と生活の知恵 」 一覧

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は春が旬です。 抗酸化作用のリコピンが有名ですが、他にも 13オキソODAが抗肥満作用があるといわれている。 中性脂肪を溜めにくくする働きのメタボ対策、疲労回

続きを見る

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である。 一般的に晴れの日は気圧が高く、雨の日は気圧が低い。 気圧の低下は体にストレスを与える。 体がストレスを感じると、体内にヒスタミンという物質が作られる。

続きを見る

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

すんきという漬物がヨーグルトよりもいい乳酸菌が入っているそうです。 秋から冬にかけて作られるすんきは、赤カブの葉っぱのほうを使った漬物です。 株を入れるとピンク色になって綺麗。 長野県木曽で作ら

続きを見る

閉経後に女性の若さを保つにはエクオール?

日本は男女ともに平均寿命が80歳以上の世界有数の長寿国。 しかし、日常生活を支障なく送ることができる「健康寿命」は平均寿命に比べ男性で約9年、女性は約13年も短い。 晩年を元気に自立して過ごすこと

続きを見る

水で血液はさらさらにならないしデトックス効果はない

水をやみくもに飲みすぎるとよくない。 でも1日水を2リットル飲むべきという情報もある。 たくさん水を飲めば頻尿になる。 水をいっぱい飲んでもデトックス効果はない 水を多く飲むと毒素を出

続きを見る

角砂糖1個、糖質4グラム。白米で取りすぎ?

白米などの炭水化物は体に悪いって本当? 炭水化物は糖質と植物繊維をまぜたもの。 糖質は脳や全身のエネルギーとなる。 必要以上の炭水化物を摂取すると余分な糖分が蓄えられ肥満になる。 糖尿病に

続きを見る

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン。寝たきり予防に肉

肉が好きだと大盛りになり体に負担を与える。 濃い味に慣れ、こってりが好きで更に調味料をかける。 野菜を食べない。 メタボで脂肪肝、肝臓に脂肪が蓄積するとNASH脂肪肝炎を発症し、肝硬変になる危険

続きを見る

健康にまつわる都市伝説、駆け込みドクター

嘘、ホント? 健康にまつわる都市伝説を駆け込みドクターで解説していました。 暗い所で本を読むと目が悪くならない、眼精疲労になる 暗い所で本を読むと目が悪くなるは嘘。 視力が低下するとい

続きを見る

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。 心筋梗塞になる恐れもある。 血圧を抑えるのは血管をしなやかにするEPA。 特におすすめはブリ。 不飽和脂肪酸のEPAで血圧を下げる効果がある。

続きを見る

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

肌荒れしみは蛋白質の糖化で老化が進む状態。 動脈硬化ののリスクが高まる。 新陳代謝を促す食品が豆腐です。 豆腐と柿の和え物のレシピ 柿1個、絹ごし豆腐100g、胡麻ドレッシング大さ

続きを見る

蒸しリンゴの黒こしょう和えのレシピで冷え解消

冷えは、血流が滞り、胃腸障害で内臓が冷える状態です。 冷えを防ぐ食べ物は各臓器を暖かい状態するものです。 食材はリンゴがおすすめです。 リンゴは1日1個で医者いらずと言われます。 植物繊維は血

続きを見る

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑