コーヒーは、すい臓癌,肝臓癌,子宮体癌のリスク低下、緑茶は胃がん

公開日: : 最終更新日:2014/09/12 健康と生活の知恵

コーヒー飲むと癌になるのはウソ。
コーヒーはがん予防に効果がある。
コーヒーを1日に3杯以上飲む人はすい臓癌のリスクが低下。
毎日飲む人は肝臓癌のリスクがほぼ半減。

コーヒーは、すい臓癌,肝臓癌,子宮体癌のリスク低下

コーヒーを5杯ぐらい飲むと癌が減るというデータがある。
すい臓癌、肝臓癌、子宮体癌などを減らします。
逆にコーヒーを1日6杯以上飲む人は大腸がんのリスクが増えた。
飲みすぎはよくない。

女性の場合緑茶も胃がんを減らす

緑茶を1日5杯以上のむ女性は飲まない女性と比べて胃癌のリスクが約3倍低い。

熱い飲み物を飲むと癌になりやすい

70度以上の飲み物を飲みすぎると食道がんのリスクが8倍になる。
熱いものを飲み食べ続けると粘膜が炎症を起こし、癌の危険性が高まる。
沸騰したものをフーフーして飲むのは辞めたほうがいい。

関連記事

no image

冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管の

記事を読む

湯たんぽの温度と置く場所は?

湯たんぽの温度と置く場所は?

寝るだけで免疫力アップ。 湯たんぽは寝

記事を読む

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である

記事を読む

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目

キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜

記事を読む

ringo

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

にんにくにはアリシンという物質が入ってい

記事を読む

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

急性痛:体を守る反応のひとつ 慢性

記事を読む

コーヒー摂取と死亡リスクの関係

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下する

記事を読む

no image

活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

風邪を引きにくくするビタミンC。 血管

記事を読む

no image

ベタベタ汗で熱中症になる理由は湿度

汗をかくだけでは涼しくならない。 汗は

記事を読む

ペペロンチーノ風、枝豆とシラスのパスタ

枝豆はアルコールを飲むと消耗するビタミンBを補給できる

枝豆は大豆の若いやつです。 大豆が未熟

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑