ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防

公開日: : 最終更新日:2014/11/29 健康と生活の知恵

高血圧は血液の塩分が増えるのが一因。
心筋梗塞になる恐れもある。

血圧を抑えるのは血管をしなやかにするEPA。
特におすすめはブリ。
不飽和脂肪酸のEPAで血圧を下げる効果がある。

ブリとエリンギの減塩味噌煮のレシピ

ブリとエリンギの減塩味噌煮で高血圧予防
材料2人分、ブリ2キレ、エリンギ1本
A酒大さじ2、砂糖大さじ1、味噌大さじ1、赤唐辛子1本
牛乳100ml
①ブリを鍋に入れてAの材料を順番に入れる。
牛乳を注ぎ、味噌とエリンギを加える。
②クッキングシートで落し蓋をし、煮立つまで強火。
煮立ったら弱火にして10分煮る。

ブリと牛乳を合わせるのが味噌。
焼き魚にするとEPAが逃げるので牛乳で煮る。
牛乳はカルシウムが豊富で血圧を下げる。
具材にはエリンギ。カリウムが豊富でむくみ防止。
高血圧の予防につながる。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑