健康にまつわる都市伝説、駆け込みドクター

公開日: : 最終更新日:2014/11/30 健康と生活の知恵

嘘、ホント?
健康にまつわる都市伝説を駆け込みドクターで解説していました。

暗い所で本を読むと目が悪くならない、眼精疲労になる

暗い所で本を読むと目が悪くなるは嘘。
視力が低下するという医学的根拠はない。
暗い所で本を読むと疲れ目の原因になる。
ただ眼精疲労の原因になる。

胃下垂の人は太らないは嘘

痩せた人が胃下垂になりやすい。
胃下垂は病的なものではない。
筋力低下で胃を引き上げる力が弱まる。
背が高く姿勢が悪い、筋力がない痩せて背の高い人に胃下垂が多い。

爪の白い部分が健康と関係がない

爪の付け根は爪半月というが健康には無関係。
生え始めの爪は水分を多く含んでいるため白く見える。
20歳前後が一番多い。

爪に入る筋が縦か横

縦は加齢によるもの、老化現象です。
横やへこみは糖尿病や腎臓病の可能性。

色や形に変化が起こる場合

2枚爪:水分不足で爪が乾燥する
スプーンネイル:鉄分不足 
バチ指:肺や心臓疾患
栄養バランスが悪いと爪がだんだんに波打つ。

一度折れた骨は強くならない

骨折で仮骨ができると骨折した部分が太くなる。
強くなっているように見えるだけで、治る過程で一時的に太くなるが元通りになる。

煙草をやめると太る

ホントだそうです。
2つの原因があります。
煙草をやめると味覚が敏感になり食べすぎる。
腸内細菌のバランスが変わって太りやすい体質になるとスイスチューリッヒ大学の研究でわかったそうです。
タバコを止めると2種類の太る原因の細菌が増える。
口さみしくて食べてしまう、料理がおいしくなる、腸内細菌が変わる。
禁煙してして太るというデメリットもあるが、禁煙したほうがメリットという研究データがある。

ケーキは別腹は本当

寿司は別腹っておいう言葉もあるらしい
人間の食欲はオレキシンが少なくなって満腹を感じる。
美味しそうな物を見て食べたいと思うと、オレキシンが分泌されて胃にスペースを作る。
別腹は肥満の要因になるので、「もうおなかがいっぱい」と自分に言い聞かせることが大事。
食後にデザートなど、甘いものを食べないと終われないのは小さいころからの食習慣が原因。

関連記事

急増する尿路結石

急増する尿路結石の予防、対処、なりにくい食材、痛み

激しい痛みが伴う尿路結石は、大きさによっ

記事を読む

ringo

にんにく食べたらリンゴで臭いが減る。ジュースでうがいも

にんにくにはアリシンという物質が入ってい

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

コーヒー摂取と死亡リスクの関係

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下する

記事を読む

no image

ベタベタ汗で熱中症になる理由は湿度

汗をかくだけでは涼しくならない。 汗は

記事を読む

柿酢の作り方、酵母菌で20日アルコール発酵

柿酢の作り方、酵母菌で20日アルコール発酵

柿酢は血圧が下がる効果がある。 カリウ

記事を読む

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

すんきという漬物がヨーグルトよりもいい乳

記事を読む

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン。寝たきり予防に肉

肉が好きだと大盛りになり体に負担を与える

記事を読む

no image

鼻呼吸でアトピーが治る?

口の中の細菌感染は体全体の免疫を乱し、一

記事を読む

no image

2度寝 寝貯め 休日に寝すぎは体内時計にずれが生じ悪い寝起き

あなたにベストな睡眠法、グッスリスッキリ

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑