雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である。
一般的に晴れの日は気圧が高く、雨の日は気圧が低い。
気圧の低下は体にストレスを与える。
体がストレスを感じると、体内にヒスタミンという物質が作られる。

炎症が起こりやすいのは過去に炎症を起こした場所

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧
ヒスタミンは体のあちこちに炎症を起こし、危険を知らせる働きがある。
交感神経を刺激して痛みをもっと強く感じさせる。
古傷や過去に炎症を起こした場所に起こりやすい。

雨で古傷が痛い原因は、気圧の変化に伴う防御反応なのです。

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑