雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧

痛みの原因は湿気ではなく気圧の変化である。
一般的に晴れの日は気圧が高く、雨の日は気圧が低い。
気圧の低下は体にストレスを与える。
体がストレスを感じると、体内にヒスタミンという物質が作られる。

炎症が起こりやすいのは過去に炎症を起こした場所

雨が降ると古傷が痛い原因は湿気ではなく気圧
ヒスタミンは体のあちこちに炎症を起こし、危険を知らせる働きがある。
交感神経を刺激して痛みをもっと強く感じさせる。
古傷や過去に炎症を起こした場所に起こりやすい。

雨で古傷が痛い原因は、気圧の変化に伴う防御反応なのです。

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑