疲れで脈が速くなる理由、プールで疲労回復!?

10秒脈はかって6倍する。
1分で脈76回以上で疲れがわかる!?

疲れで脈が速くなる理由

疲労物質が溜まる。
疲労物質を出すまでの時間脈が早くなる。
疲れが取れると段々脈が下がる。

疲れで壊れた細胞は酸素が必要。
血液が多くの酸素を運ぶから脈が速くなる。

溜まった疲労を回復させるには?

プールに行ったほうが疲れが取れる
軽く運動したほうが疲れが取れる。
トライアスロンした後でも軽く運動。
プールに行ったほうが疲れが取れる。

なぜ疲労を取るために運動がいいのか

疲労が溜まったところに血液を送る。
ストレッチなど軽い運動で酸素や血液を送ることが疲労を回復させることにつながる。

運動と言えば汗。しょっぱい

塩を吹くがいい汗はしょっぱくない。
いい汗はさらさらでしょっぱくない。

汗は蒸発して体の温度を下げるために出るもの。
悪い汗しょっぱいダラダラ滴り落ちる。
塩分が多いので皮膚に広がらないので蒸発しないので体温は下がらない。

蒸発しなかった汗には雑菌が発生。
体温が下がらず疲れが取れないで熱中症になることも。

汗腺とは

汗を体の表面に送り出すホース。
汗には栄養分や塩分が沢山はいっている。
汗腺がその栄養分を吸収するからサラサラな汗はしょっぱくないのです。

汗の量と味は健康のバロメーターなのです。